仕事と焦り――研究者と労働者の能力

 20110214 「仕事と焦り――研究者と労働者の能力」

 焦っていると仕事においてミスを犯し、そしてもう一度やる破目に陥る。そのような日々が連続した場合、仕事量は2倍に増える。仕事はゆっくりやったほうが能率がよい。

 しかし、突然割り振られる仕事もある。また、納期そのものを忘却していたり、納期が曖昧なまま、突然催促される場合もある。そのような場合、焦る。通常業務の他に、突然仕事が入ってくることがある。その場合も焦る。焦る。焦る。電話が鳴る。催促である。焦る。焦る。

 このような事情は、研究者も労働者も同一である。純粋の研究者などほとんどいない。大学あるいは研究機関に属している研究者が多数である。そこでは、研究以外の労働、たとえば管理労働、書類作りにいそしまなければならない。それを怠ると研究の基盤が破壊される。自然科学研究者は、高額の実験器具を購入しなければ実験ができない。そのためには、購入依頼書を作成しなければならない。また、研究費獲得のための書類、たとえば科研費申請書類は膨大な量になる。数か所の機関に応募する場合、その書類の厚さは数センチに及ぶ。もちろん、獲得できればその苦労は報われるが、すべて却下されればすべて徒労に終わる。

 このような仕事に追われ焦る場合、どのようなすればよいであろうか。焦れば、能率は数分の一に陥る。したがって、納期の延長も顧慮すべきである。今日命令された書類は、明日、あるいは深夜ゆったりと行うべきである。1日あるいは3日の延長をお願いする。研究もまた同じである。研究労働という概念もある。

 おおらかな気持ちで過ごせば、人生もまたおおらかになる。

|

決断と賭博

 何かを決断するとき、つねに不確定要素が混入してきる。たとえば、転職の誘いを受けた場合とか、仕事の依頼を受けた場合である。あるい、就職、入学等の人生の節目には、必ず不確定要素が入ってくる。どのような事前調査をしようと、将来の仕事の全容を把握することは、不可能に近い。その決断には不確定要素が混入し、決断はすべて賭博的要素を抱え込むことになる。

 このような決断を恒になしている場合、その不確定性に恐れおののくのか、あるいは自分なりに何らかの基準を設定しているのか、人それぞれであろう。自分はかなり流されてゆく行くほうかもしれない。周りで御輿として担がれれば、仕方の無いと考えがちである。どのようにすべきかわからないことが多い。

 

|

職業の外観とニートの労働観

 

ニートと本来的労働、あるいは天職の探求

 ニートの多くは自己に対する誇りを持っている。彼らの多くは、自己にとっての適職、つまり天職を探求している。ここでは、この意義を思想史的観点から考察してみよう。

 ます、ある職業は前以って理解できないことを彼らは理解していない。ある職業、より一般化すればある物を先験的に理解することは不可能であるにもかからず、その彼らの浅薄な知識に従って、ある職業を了解している。たとえば、経営者は創造的な職業であり、単純な労働はニートにとって適職ではない、と考えている。しかし、経営者にとって労働時間という範疇はないことは、彼らの視野に入ってこない。経営者の家では、苦情の電話は、深夜早朝にかかわらず鳴ることもあるし、金策に駈けづりまわり、睡眠の時間もないこともある。金策のため、最終的には自己の生命を犠牲にして、借金を支払うことが視野に入ることも稀ではない。このような経営者の心労は彼らの適職観には入ってこない。ある職業の外観しか、彼らの視野に入ってこない。

 彼らは、その職業の外見しか判断基準にならない。彼らにとって創造的な職業である弁護士を例に取ろう。もちろん、弁護士になるためには、通常法学部に入学し、卒業後もいつ合格するとも確証のない時間のなかで、睡眠を犠牲にしても法律体系を学習しなければならない。5年後とも、あるいは30年後とも時間の限定のない浪人期間を経ている。筆者の同期生には、まだ受験勉強に勤しんでいる者の噂を聞くこともある。そのような過酷な時期を経た後、晴れて一人前の弁護士として働くことが社会的に許される。このような修行期間は彼らの視野に入らない。

|

高齢者教育学へのはしがき

 以下の所説は、高齢者教育学の展望を述べた部分である。それは、すでに論文として公表されている。

高齢者に対する再教育に関するこの戦略は、高齢者を労働者として市民社会に再参入させるのではなく、労働とは異なる媒介によって市民社会に参入させるようとする。他の戦略が高齢者に対して情報技術的社会に適応する知識を与えようとすることと対照的に、第二の戦略は各人の個性に応じた新しい人格を創造することによって、市民社会に能動的市民として参加させようとする。この戦略は、機能的知識の習得を目的にしている(他のすべての世代にあてはまる)職業教育とは異なる観点から高齢者に独自の教育を施そうとする。それは、高齢者がその人格に適応した本来的自己を確立することを目的にしている。また、それは、「人格性とその環境世界への関係の内にすでに存立している構造の修正ではない。それは意識拡大の意味において、人間的同一性の普遍的意識への脱限界化、死に至るまでの成長可能性としての同一性生成」を追求することである。

生計労働から解放された高齢者が、どのような媒介形式によって市民社会的関係を結ぶのかが問題になる。それは、若い高齢者がどのようにして「収入、家族そして社会的役割によって構造化されていない高齢者段階への移行期において、何かある新しいものが生成するはずの自己同一性を担う活動と関係を展開する」のかである。[2] それ以前の生計労働過程において習熟したものとは異なる能力が、この学習過程において獲得されねばならない。高齢者は数十年にわたる労働生活の体験によって、自己を合理知に順応させ、本来的自己を喪失している。労働世界は、その基礎に商品生産のための大量生産装置を持っている。この大規模装置は、それを操作する工場労働者を産出し、彼らはこの巨大装置を操作する客体へと自己を変容させる。労働はこの巨大装置に従属しており、この装置が環境世界の意味形象になる。この労働世界は、市民、つまり労働者に様々な役割意識を強制していた。大規模機械装置に従属する市民の役割意識が強化されたことによって、本来的自己と自己規制に従う活動は、労働世界において疎外されている。この疎外された自己意識は、長期間の労働生活において市民つまり労働者の肉体に浸透して第二の自然になっている。[3] 若い高齢者に対する再教育は、この第二の自然を解体し、自己に再領有させようとする。高齢者は、労働世界において経験してきた分業に対する役割意識を反省し、自己同一性を反省する能力を獲得しなければならない。これまでの疎外されてきた人間的実存が社会的役割意識の深層構造から救い出され、これまでの自己と環境世界の存立構造が解明され、有機的な社会構成体のうちに再び埋め込まれねばならない。


[1] Ebenda, S.  54.

[2] E. Gösken u. M. Pfaff u. L. Veelken: Curriculumentwicklung, a. a. O, S. 183.

[3] Vgl. W. Klehm u. P. Ziebach: Konzepte zugehender Bildungsarbeit: Das Modell „ Zwischen Arbeit und Ruhestand“.  In: Hrsg. v. S. Kühnert: Qualifizierung und Professionalisierung in der Altenarbeit. Hannover 1995, S. 212.

|

国民共同体ーー連帯

1 

近代(Moderne)において、自由、平等、連帯(=博愛、あるいは兄弟愛)の理念が理念として制度化される。それに対して、前近代(Prämoderne)において、この理念は理念として妥当していなかった。自由についてまず、述べてみよう。古代社会において、自由が絶対的に否定された存在としての奴隷制があった。奴隷なしには、すべて社会活動、経済活動が営まれることはなかった。また、中世身分制社会において、古代社会における奴隷のような絶対的に自由を否定された人は存在していない。自由は身分に応じて配分されている。身分が高くなるほど、自由が相対的に多く配分され、身分が低くなればなるほど少なく配分される。

 連帯の思想もまた、思想もまた前近代社会においてすべての市民が対象ではない。前近代において、連帯の思想はもちろん存在していた。しかし、この思想は、同一の身分間に限定されていた。この連帯の思想は、近代において身分が崩壊することによって、少なくとも同一国家内部に適用される。もちろん、思想としては、キリスト教が一般化することによって、人類に対する連帯として提起されている。しかし、キリスト教が宗教であるかぎり、事実上この人類という枠組は、同一の宗教間においてしか適用されない。キリスト教に属していない人間に対して連帯の思想は適用されない。たとえば、イスラム教徒、ユダヤ教徒に対する差別は、十字軍のようにキリスト教徒にとって自明の事柄である。

 近代において初めて、連帯の思想は自由の思想と同様に国民全体へと拡大される。

|

「世界に根拠はあるのか」

「世界に根拠はあるのか」

「人は限られた情報のなかでなぜ選択可能か」

という二つの主題で、若人にレポートをかいてもらいました。これらの主題は、現在私が設定している課題とも関連しています。 (『近代の揚棄と社会国家』萌文社、2005年参照)。20歳前後の若人にとって、かなり解決困難な主題です(その多くはほんの少し前までは、高校生でした)。しかし、現在の若者はこの主題に精力的に取り組んでいます。自分の20歳前後を省みるとき、そのようなことは考えてもいませんでした。21世紀の若者の知的能力の高さが鑑みられ、その潜勢力を感じることができるでしょう

 その成果をホウムベイジに掲載してあります。御笑覧いただければ、幸いです。

|

「自由の意識は、不自由な現実態をなぜ、揚棄するのか」

 若者が考えている主題をホームページに掲載しました。その主題は、

「自由の意識は、なぜ不自由な現実態を揚棄しようとするのか」、

というかなり困難なものです。しかし、20歳前後の若者は、この困難な主題に果敢に挑戦しています。御笑覧のほど、お願いします。

|

大学講義内容への介入、@nifty:NEWS@nifty:中国留学生にアカハラか香川大(共同通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:中国留学生にアカハラか香川大(共同通信).

中国留学生にアカハラか 香川大が調査委を設置 (共同通信)

講義で南京虐殺の問題を提起すること、あるいは中国批判をすることは、本案件(アカハラ)とは関係ありません。講義の内容が、特定の受講者を不快にさせることはあります。たとえば、自衛隊を批判することは、自衛隊員にとっては不快でしょう。また、公務員批判をすることは、公務員、あるいは公務員の子弟にとって不快でしょう。ただ、それをハラスメントの対象にすれば、現代社会と関係する講義、たとえば法律学、経済学、政治学、社会学はほとんど講義不能になります。現代社会の事例を用いずに、社会科学の講義をすることは、不可能だからである。

|