20150813-20150731 新幹線と路面電車に関する新聞記事の時系列的構成

2015年08月13日-2015年07月31日までの本ブログ記事において、新幹線と路面電車に関する新聞記事を時系列的に再構成した。すべて私の論稿だけである。ほぼすべての論稿において、私の写真も掲載されている。コメント等は省いている。古い順序になっている。2004年の『毎日新聞』を端著にしている。備忘録意味もあれば、自己批判的意味もある。

| | コメント (0)

20040128 「北海道新幹線・新函館駅建設と、北海道の地域社会の衰退」『毎日新聞』(全道版)

 2015年からみれば、11年前の論考である。執筆者も45歳と若い。肩書も助教授である。この肩書は当時気に入っていた。少壮助教授という触れ込みで、新聞各社を訪問した。唯一、『毎日新聞』だけが、このかなり危ない記事を掲載してくれた。この記事を書いたあと、函館市役所の職員が二人研究室に説明にきた。彼らは、誤解していた。特急・北斗号は現 函館駅まで来るの、寝台列車はそのままだと、散々寝言を言って帰った。私の想定は、あくまでも札幌まで北海道新幹線が全通した場合を想定している。現 函館駅には、二両編成の列車しか来ないことを説明しても、このような寝言を言っていた。案の定、地方自治体の審議会等の委員から除外された。それくらいの不利益は覚悟していた。
 市町村の地方公務員は、せいぜい数年後のことしか考えていない。30年後のことは、想定外だ。その時には、年金生活者になっているからだ。このような短時間的視野しか持っていない。道庁、県庁の職員は、より視野が広い。上級職・国家公務員は、日本の屋台骨を背負っているという自負がある。ただ、彼らととの接点がほとんどない。彼らは多忙であり、地方国立大学の教授と話をする時間がない。まして、何も権限のない文部科学省の末端役人である。地方採用の末端公務員と、キャリア公務員と対等であるはずがない。
 
 


2004_2


|

20041201 「平成の大合併による地方破壊」『毎日新聞』(全道版)

2004年に平成の大合併があった。2015年からすれば、それに関する論考を準備した。そのレジュメを旧知の『毎日新聞』の記者に渡した。それをもとに安味記者が記事を書いた。合併当日の記事である。合併によるメリットばかりが強調されるなかで、その裏面を問題にした。新幹線による町づくりという函館市の風潮に違和感があった。

2004


|

20050605 「北海道新幹線札幌延伸と、新函館駅通過の必然性」『函館新聞』

2005年には、『函館新聞』、『毎日新聞』に北海道新幹線・新函館駅(現 新函館北斗駅)の通過駅の必然性に関する論稿を寄稿した。寄稿するために、新聞社各社の担当者と打ち合わせした。また、これ以外の新聞社にも打診した。その労力はかなりのものであった。それらは、まさに徒労に終わった。まさに、ドン・キホーテであった。国策に対して、哲学者は対抗できるのであろうか。その思考実験としては、興味深い。

2005


|

20050318 「自然災害時における江差線の役割」『毎日新聞』全道版

2005年3月18日『毎日新聞』に「江差線複線化」を提議した。もちろん、JR北海道・江差線は廃止され、第三セクター「道南いさりび鉄道」になった。複線化という提案は無視された。しかし、複線化しておれば、第三セクターの経営の裁量余地も増えたにちがいない。もっとも、前例主義をモットーにする公務員にとって、裁量余地のないことはよいことであろう。万事、前例踏襲という彼らの哲学が実現されるからだ。

Photo


|

20051223 「新函館駅通過駅回避への提言」『毎日新聞』(全道版)

『毎日新聞』に、新函館駅を通過駅にしないための提言書を掲載した。しかし、この駅は、通過駅として建設された。蟷螂に斧の感はぬぐえない。国策に対して、新聞の一記事が対抗できるわけではない。しかも、執筆している研究者の専門領域は、思想史である。どこか、頓珍漢である。その点は、10年前でも理解していた(2015年現在)。どこかで、敗北の美学に浸っていたことは否めない。


2005_2


|

20070404 「函館圏における統一地方選の争点」『読売新聞』

2007年に統一地方選挙が実施された。知事、道議会、市長、市議会の選挙が同時に実施された。この選挙における争点として、交通問題を第一義的争点にすべきであるという主張をした。もちろん、この主張は無視された。とりわけ、新函館北斗駅(当時は、仮称・新函館駅)の建設が確実であった。しかし、当時の北海道知事、函館市長も、この駅への道路を整備することしか考えていなかった。
 


2007


| | コメント (0)

20140606 「『札幌』新幹線の思想」『神奈川新聞』の記事

北海道新幹線の実体は「札幌」新幹線である。この思想を『神奈川新聞』の記者に話した。それが「まっすぐの思想」を形成する思想の一部になった。

2014


| | コメント (0)

20140612 北海道新幹線新駅名称問題『北海道新聞』函館版

2014_3


| | コメント (0)

20140612 北海道新幹線新駅名称問題『北海道新聞』全道版

2014年6月12日、北海道新幹線の新駅名称問題が解決した。新函館北斗駅と決定された。それに対する私の言説が『北海道新聞』(全道版)に掲載された。

2014_4


|