« 「珈琲時間」2 【胆力は、環境世界の変化を看過する力である】 | トップページ | 「珈琲時間」3.2【分岐点の集中と機械の除去】 »

「珈琲時間」3.1【電源配線とUSB配線の分離】

「珈琲時間」3 【現在の限定性を確認するための方法

中村天風試論「4.人生建設のために必要な生命力 4.3 一つのことへの集中――柳生但馬守と沢庵禅師の問答」補論

 

「珈琲時間」3.1【電源配線とUSB配線の分離】

 

  PC周りの配線を整理した。新しい機械を導入するたびに、USB配線と電源延長コードが、既存の配線の上に設置された。配線が複雑怪奇になっていた。その整理をしていて、気が付いたことがある。

  無用な延長コードを多用して、配線を複雑にしていた。配線が整理できなかった現状は、配線の種類と量を把握していなかったことに由来する。2種類しかない配線をそれぞれ1か所に纏めた。配線は、電源配線と、USBによるPC結合配線の2種類しかない。今まで、PC結合配線を必要とする機械、たとえば印刷機やスキャナー等を数か所に分割していた。2本の電源延長コードと、3本のUSB延長コードがあった。整理する過程において、これらが除去された。分量的には、延長距離は約半分になった。また、コンセントを一本化した。冷蔵庫の電源を除いて、職場を夕方退去するときに、電源コンセントをすべて抜いていた。今まで、その数が3本あった。それを1本に纏めた。まず、USB配線も1本にだけに整理した。次に、機械電源コードだけを整理した。複数の機械電源も1か所に纏めた。電源延長コードも1本になった。USB配線コードも1本になった。複数の機械を同じ本棚の同じ段に設置することによって、PC結合配線が1本になった。複雑になった事柄は、分割されねばならない。単純化されることによって、人間に認識しやすくなるからだ。この世の複雑な事柄は、単純化される。デカルトから学習した法則である。

« 「珈琲時間」2 【胆力は、環境世界の変化を看過する力である】 | トップページ | 「珈琲時間」3.2【分岐点の集中と機械の除去】 »

近代という時代認識」カテゴリの記事

中村天風」カテゴリの記事

珈琲時間」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

無料ブログはココログ