« 「珈琲時間」1の2 【闇の夜に鳴かぬ烏の声と現在の確認】 | トップページ | 「珈琲時間」3.1【電源配線とUSB配線の分離】 »

「珈琲時間」2 【胆力は、環境世界の変化を看過する力である】

「珈琲時間」2 【胆力は、環境世界の変化を看過する力である】

中村天風試論「4. 人生建設のために必要な生命力 4.2 周章狼狽」補論

 

  前もって、段取りをつけていたにもかかわらず、実際にその段になると、右往左往することがある。とりわけ、親族の危篤状況、死去に際して、それが現実化したときに段取り通りすることは、稀である。段取りあるいは計画を忘れて、想定外の選択肢を選びがちである。しかし、その思い付きの選択肢は、段取りの段階において消去されていた場合も多い。胆力がない場合、この思い付きの選択肢を取りがちである。とりわけ、小賢しい理性を有する人間は、段取りにしたがって行為できない。段取りに従って行動することは、環境世界の小さな変化を無視する力を必要としている行動と精神が一致していない状態に陥ることは、中村天風になかったかもしれない。しかし、周章狼狽状態に陥った場合、私のような凡人は、前もって想定されていた段取りに従った方が、良いように思われる。

 例えば、親族危篤あるいは死去に際して実家に移動する場合、鉄道を使用するのか、航空機を使用するのか、段取りの段階において精密に検討されていたはずである。しかし、緊急事態に現実に陥ったとき、この事前の段取りを忘れて、別の選択肢を採用しがちである。状況の仔細な変化を無視する胆力が要請されている。中村天風によって指摘されている胆力は、状況の微細な変化を無視する力である。

 但し、段取りに拘りすぎると、良くない結果をもたらす場合もある。予定された時間が切迫しているときに、周囲が見えなくなる。特に雪道を急いでいるときには、下を向いて歩いている。その場合、信号が見えていないことも多い。正面の信号が赤である場合、歩行者は停止しなければならない。にもかわらず、横の信号が緑であり、停止せず、そのまま横断歩道を渡っていた。交通事故に寸でのところで遭遇するかもしれなかった、20222月のことであった。自動車運転者が私の存在に気づき、交通事故を回避できた。交通事故に遭遇すれば、段取りなど無になる。数分の遅れは、次の電車を待てば解決する。気が散っている証拠であろう。

« 「珈琲時間」1の2 【闇の夜に鳴かぬ烏の声と現在の確認】 | トップページ | 「珈琲時間」3.1【電源配線とUSB配線の分離】 »

近代という時代認識」カテゴリの記事

中村天風」カテゴリの記事

珈琲時間」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

無料ブログはココログ