« 「珈琲時間」3.8 【他者の死確認】 | トップページ | 「珈琲時間」5 【贈り物と矜持】 »

「珈琲時間」4 【煩悶の対象として他者】

「珈琲時間」4 【煩悶の対象として他者】

中村天風試論「5 理想的人間像への精進 5.5. 他者との関係、その一、三勿」

 

 人間が煩悶する対象は、他者の関係性にある。人間の煩悩の大半はここにある。自分の意向に従って、他者を変革することはできない。他者の距離感が問題である。変革しようする場合は、自分の内にその理想像がある。しかし、他者に対する期待と、他者の現実態の間には、巨大な径庭がある。

 他者の範疇には、親、子供、配偶者、親族、友人、知人、機能的関係者等も含まれる。自分以外の人間すべてを意味している。自己は他者と何らかの関係を持っている。命令することもあれば、お願いすることもある。金銭を媒介にすれば、ほとんどの物を入手できる。しかし、それはなんかの限定された関係でしかない。他者、例えば子供に対して、私は影響を与える。部分的な影響である。ある人が死期を明示されて、それを子供に伝達することも不可避である。子供の人生を中断することでもない。親の死に反応する子供がいるだけである。

 他者と自分との関係は、限定的である。にもかからず、この限定性を克服しようとするとき、煩悶が生じる。他者は、自分の思惑を超えて行動する。この限定性を認識すれば、他者との関係において摩擦が生じないであろう。

  中村天風の思想を了解する鍵は、限定性という概念にある。

« 「珈琲時間」3.8 【他者の死確認】 | トップページ | 「珈琲時間」5 【贈り物と矜持】 »

近代という時代認識」カテゴリの記事

中村天風」カテゴリの記事

珈琲時間」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

無料ブログはココログ