« 日本のコロナヴィールス-19の感染者数は、5.000人と推定(2020年4月4日現在)ーーマスク信仰ではなく、感染者数の検査を!ーー大本営発表から真実を考える | トップページ | 諷刺画と近代ーー嘲笑するだけでよい 福島、イスラム、エルドガン大統領 Fukushima, Islam und Erdogan »

都市生活者の貧困と実家の犬の死

飼い犬の死亡と、都市生活者の貧困

 

実家で犬を飼っていた。私が上京した年から、捨て犬を拾ってきた。初代の犬は、ほぼ人間と同じような生活をしていた。土間ではなく、両親の寝室の傍に布団を引いて寝ていた。両親もまだ、50歳にもなっていなかった。私の名前、伊知朗(イチロ)と発音が同じようなチロと名付けられた。私が上京していなくなった空間に彼女が位置していた。彼女は、自分を人間の一員と思っていたようである。雄犬が来ても、ほとんど無視していた。喧嘩は弱かったが、可愛いかった。

彼女の墓は私が掘った記憶がある。この犬の葬儀のためだけに東京から帰ってきた。親族の持山に墓を作り、遠くの河原から石を拾い、墓石代わりにした。山の急斜面を数往復した。私もまだ、35歳であり、若かった。その墓も30年以上が経過した今、どのようになっているかは、定かではない。北海道に赴任して20年になろうとしている。その間、ほとんど墓参りから無縁であった。

それ以降、40数年間、ほぼ途切れなく、両親は捨て犬を拾ってきた。2匹の犬が同時にいたことも珍しいことではなかった。

二代目のレオは、その名前のとおり、聡明な犬であった。しかし、事情があり、母方の祖母の家に養子に遣られた。かなりの過疎地であり、当時、野犬の集団が我が物顔で徘徊していた。この集団と闘争した挙句、死んでしまったようである。遺体はなかった。彼が最初に死んだ。

三代目のチビ太は、チロが散歩に行く公園に捨てられたいた。雌犬であったが、喧嘩は強かった。血まみれになって帰ってきたことがあった。彼女は、喧嘩に勝利して意気軒昂であった。もちろん、家族から叱られた。三代目が初代と本気で喧嘩をすれば、三代目が勝つことは自明であった。しかし、初代のチロには遠慮していた。三代目のチビ太は土間に寝起きしていた。それでも、足だけは、人間の居室にかけていた。人間の居室は初代に占領されていた。初代の犬が威嚇すると、足をひっこめた。チロの注意が逸れると、また、足だけを居室にかけていた。その繰り返しであった。三代目とは、私が大学院時代と重なっていた。三代目を拾ってきた1982年ころ、大学院に進学した。金はないが、暇があった。帰郷したおりに、散歩に連れていくのは、私の役目であった。歴代の飼い犬のうち、彼女が一番、私と過ごした時間が長かった。散歩に連れていくと、走り回り、なかなか帰ろうとしなかった。四国の夏は夕方でも、30度を超えていた。

四代目はダイスケと名づけられた。猟犬の血が混じているらしく、父方の祖母の足を噛んでしまったようである。そのころ、両親は店舗を構えていたが、よくお客様に吠えていた。仕方なく、母方の祖母に預けられた。番犬としては、優秀であった。

五代目の犬は、コロと名付けらた。人柄ならぬ犬柄がよく、ほとんど吠えなかった。誰にでも愛想よかった。この雌犬は、体が大きくなり、玄関に鎮座していた。通りを歩く人からも愛されていたようであった。

最近、両親が最後に拾ってきた犬、六代目、ナナが亡くなった。帰郷した折にしか、会えなかった。父親が後期高齢者になったころ、彼が強引に飼うことを主張した。母親は反対したが、結局飼うことになった。父親の精神の安定には寄与したようである。私は、そのころ北海道に赴任していた。北海道から内地に帰郷した時の滞在日数は、数日であった。

母親はすでに後期高齢者である。彼女が、もはや犬を飼うこともないであろう。犬は、10年以上生きる。後期高齢者が10年以上生きることを前提にはできない。私も、犬を飼えるような居住形態をしていない。コンクリートの長屋に住んでいるからだ。もちろん、犬を飼うことは禁止されている。私が犬を飼うこともないであろう。生涯、犬猫だけではなく、動物を飼うことから無縁であろう。都市に居住することは、そのような欲望を捨てることにもなる。

都市に居住することは、貧しいということが実感される。農村に居住し、一度も岐阜の地を離れることのなかった中島正(1920-2017年)は、この意味でも幸福であった。鶏の世話に生涯をささげていたからだ。生き物が身近にいた。それだけでも、幸福であった。

|

« 日本のコロナヴィールス-19の感染者数は、5.000人と推定(2020年4月4日現在)ーーマスク信仰ではなく、感染者数の検査を!ーー大本営発表から真実を考える | トップページ | 諷刺画と近代ーー嘲笑するだけでよい 福島、イスラム、エルドガン大統領 Fukushima, Islam und Erdogan »

近代という時代認識」カテゴリの記事