« 中島正論 序説1――近代の自己意識に対する叛乱――いしいひさいち百姓論を媒介にして | トップページ | 新聞での紹介1 『函館新聞』「交通縮減の思想――路面電車ルネサンスとしての宇都宮市電に関する政治思想」 »

交通縮減の思想――路面電車ルネサンスとしての宇都宮市電に関する政治思想

「交通縮減の思想――路面電車ルネサンスとしての宇都宮市電に関する政治思想」 という講演会を実施した。本記事は、その報告の抜粋である。

2018年6月25日

田村伊知朗 北海道教育大学教育学部国際地域学科教授


1、具体的な都市研究

新幹線宇都宮駅周辺の宇都宮市中心街は、宇都宮市東部と芳賀町にある工業団地と15㎞ほど離れている。この区間を路面電車で結ぶため、宇都宮市電が建設されようとしている。この予定線の終点周辺には、本田技研、キャノン等の大規模工場、テクノポリス等が林立している。また、沿線には、作新学院大学、青陵高校等の文教施設、サッカーJ2の公式スタジアムである栃木県グリーンスタジアム、宇都宮清原球場、体育館等のスポーツ施設も数多い。また、この沿線では小中学校のクラスの増設が相次いでいる。若年労働力人口も、この地域に多く居住している。
中心街から工業団地を結節している片側二車線の道路は、朝夕にはかなり渋滞していた。また、サッカー公式戦開催日等のイベントが開催される日には、その渋滞が加速された。宇都宮市電の建設が、このような事情で構想された。そして、その工事施行が、2018年3月に国土交通省によって認可された。その構想から数えて約半世紀を必要としていた。これまでの交通政策担当者の唯一の政策は、道路を拡幅するか、あるいは迂回路として高速道路を新設することでしかなかった。宇都宮市、栃木県そして国土交通省はこの常識を覆す政策を採用した。
もちろん、宇都宮市の路面電車ルネサンスは、富山市の路面電車ルネサンスを前提にしている。しかし、後者は既存の富山港線という赤字ローカル線を路面電車に転用した。また、北陸新幹線において新設される富山駅整備という国策とも関連していた。
対照的に、宇都宮市の路面電車新設という事業は、既存の鉄道施設を前提にせず、既存道路の片側一車線を廃棄して、軌道を敷設しようとする。この意味で、宇都宮市の路面電車ルネサンスは、富山市のそれを凌駕している。まさに、本邦の路面電車ルネサンスの精華というべきであり、ドイツの路面電車ルネサンスに匹敵する構想であろう。
本報告の目的は、本邦における路面電車ルネサンスの意義をドイツの政治思想に基づいて跡づけることにある。

|

« 中島正論 序説1――近代の自己意識に対する叛乱――いしいひさいち百姓論を媒介にして | トップページ | 新聞での紹介1 『函館新聞』「交通縮減の思想――路面電車ルネサンスとしての宇都宮市電に関する政治思想」 »

公共交通原論」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。