« 2017年12月 | トップページ | 2018年6月 »

20180529 2018年5月25日 空間放射線量が2倍に 函館市

 5月25日に函館市の空間放射線が、通常の2倍になった。その日、かなりの時間、外にいた。馬鹿なことであった。その日から、喉が痛み、鼻水がとまらなくなった。翌日には、耳鼻科を受診した。原因は、風邪だそうである。もちろん、原因の特定は不可能である。29日現在から考察すれば、もっとも高い確率で、その原因は放射能汚染であった。症状はかなり軽減したが、すこし頭にきている。

 日本国政府、北海道庁あるいは函館市はなぜ、警報を出さなかったのであろうか。数日後、この事実を知っても、無駄である。とくに、函館市は大間原発反対運動をしている。市民の放射能汚染を軽減する方法は、いくつもあった。不作為によって、多くの市民の健康被害は拡大した。役人はおそらく、誰も責任をとらない。減給処分、馘首などは、この件に関してゼロであろう。

 ミサイルが飛来するという情報は、巨大な予算を浪費して発信されている。しかし、国民の健康を害する情報ーー国民がある程度防御できる情報は、警報として出さない。ミサイルが飛来しています、という情報をいただいても、どうしようもない。竹槍で撃ち落とせと命令しているのであろうか。ミサイルに竹槍で勝利するぞ、というスローガンがこれからあふれるのであろうか。

 私の家には、竹槍すらない。野球のバットはあるが、私はカーブしか打てない。ミサイルがフォークすれば、空振りである。


http://www.genshi.pref.hokkaido.jp/

|

複雑怪奇なPC配線と人生ーー複雑な配線の単純化と生きる意味

 職場のPC周りの配線を整理した。新しい機械を導入すたびに、USB配線と電源延長コードが、既存の配線の上に設置された。配線が複雑怪奇になっていた。その整理をしていて、気が付いたことがある。

 無用な延長コードを多用して、配線を複雑にしていた。配線は、2種類しかない。電源配線と、USBによるPC結合配線の2種類しかない。今まで、PC結合配線を必要とする機械、たとえば印刷機やスキャナー等を数か所に分割していた。2本の電源延長コードと、3本のUSB延長コードがあった。整理する過程において、これらが除去された。分量的には、延長距離は約半分になった。

 まず、USB配線だけを整理した。複雑になった事柄は、分割されねばならない。単純化されることによって、人間に認識しやすくなるからだ。この世の複雑な事柄は、単純化される。デカルトから学習した法則である。

 複数の機械を同じ本棚の同じ段に設置することによって、PC結合配線が1本になった。次に、機械電源コードだけを整理した。複数の機械電源も1か所に纏めた。電源延長コードも1本になった。USB配線コードも1本になった。

 また、複数の電源とUSB配線の分岐点を本棚の最下段に集約した。そこは、グチャグチャである。絶望的なほど、グチャグチャである。どうしようもない。しかし、そのすぐ上に、本棚の板を設置した。外からは、このグチャグチャが見えなくなった。あたかも配線がないかのようである。また、配線を下段にたらす際、本棚と壁の間を通すようにした。本棚上段に本を配架することによって、この配線もみえなくなった。
 
 今まで、本棚は壁に隙間なく接合すべきということに拘っていた。この拘りをなくすることによって、配線を本棚の後ろに配架することができた。もちろん、最上段だけは壁に接合されている。安全を確保するためである。

 また、巨大な電話機があった。FAX装置を維持するためである。しかし、この機能を10年来使用していない。この機械を除去した。また、この電話機には、留守電機能がついていた。メール以外で留守電に入った情報は、ろくなものがなかった。この機能も除去することによって、快適な精神状態を維持できる。電話機は、電源を必要としない災害用電話機だけを残した。電話配線1本だけですみ、電源配線を除去した。

 人生は、簡単なことかもしれない。つまらない拘りと全体を考えない状況によって、困難に陥っていた。自分で、自分の状況を複雑怪奇にしていた。自分の困難な状況を、自分でつくっていたのかもしれない。

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年6月 »