« 後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その四)ーー4.ドイツ統一後のハレ新市における地域内の公共的人員交通 | トップページ | 後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その二)ーー2.1970年代中葉までのハレ新市における地域内の公共的人員交通 »

後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その三)ーー3.1970年代中葉以降のハレ新市における地域内の公共的人員交通

後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その三)


3.1970年代中葉以降のハレ新市における地域内の公共的人員交通
 SEDの主張、つまり地域内の公共的人員交通をバスに限定するという交通政策は、1970年代初頭まで貫徹された。しかし、公共交通をバスだけに依存し、個人化された自動車による輸送を主とするという政策は、転換を余儀なくされる。第四次中東戦争による1974年の第一次石油危機、1979年のイラン革命の成功による第二次石油危機等によってエネルギー危機が認識されたからである。もともと外貨に乏しかった東独において、エネルギー危機は深刻であった。自動車という石油に依存する交通手段に一元化することは、問題の多いものであった。自然環境を保護することではなく、石油、石炭等の化石燃料を節約することが、東独の国家的課題になった。
1970年代中葉から1980年代初頭にかけて、路面電車がハレ中心街から、すでに軌道が敷設されているレンバーンを経由して、ハレ新市まで延長することが検討された。1974年に、ハレ国民所有交通企業(VE Verkehrsbetriebe Halle)が主としてこの計画を提起した。1 SEDはこの政策を支持した。2しかし、この計画は実現されなかった。東独の財政事情が悪化したことが、主たる原因であった。この主原因の他に、さらに交通技術的問題が係わっていた。
 レンバーンからハレ新市へ路面電車を延長する際には、幾つかの技術的問題が横たわっていた。その一つは、この結節点において東西北に路面電車が交差することによって、自動車交通を阻害することにあった。この自動車道は、東独の幹線として西欧へと通じていた。路面電車がこの結節点において東西北に交差することによって、交通障害を引き起こすことが明白であった。同一平面での路面電車の交差は、法規(LSA)に違反していた。それゆえ、交通警察の許可が取れなかった。この許可を取得するためには、レンバーンからハレ新市方向への路線を地下化する必要があった。その距離は50mに渡るはずである。3また、そこには、ザール川に流れ込む小さな河川があった。この湿地帯において路面電車を延伸するためには、排水を技術的に可能にしなければならなかった。ハレ国民所有交通企業は、これらの技術的問題を解決できなかったので、その計画を断念せざるをえなかった。
 そして、1989年に東西両ドイツ統一を迎える。1989年から1990年の統一過程において、東独の街には西独からの自家用車が溢れた。「西独市民が1989年以降、ビザの取得義務から解放された。それは自動車の洪水をもたらした」。4 ベルリン市等の大都市は別にして、地方都市の道路は増大した自家用車によって渋滞した。ハレ新市とハレ市も例外ではなかった。
さらに、東独市民が統一過程において西独製の自動車を購入したことも、この渋滞に拍車をかけた。東独時代にも市民は、トラバント、ヴァルトブルク等の国産車を入手できた。納車時期の遅延に耐えれば、平均的な労働者が購入可能であった。しかし、彼らは西側、とりわけ西独のフォルクスヴァーゲン、ベンツ等の自家用車を購入したいと考えていた。国産車と西独の車両の間には、デザイン、性能、故障頻度等の観点から雲泥の差異があった。それは、自動車に疎遠な子供でも理解可能であった。西側資本主義国家によって生産された自家用車を購入するためには、ドイツマルクが必要であった。市民は東独内において、1980年代にほぼ5:1から8:1の比率で東独マルクをドイツマルクへ交換していた。 5 東独マルクの市場価値の下落は、1960年代に比べて著しかった。通常の東独市民がそれを入手することは、ほぼ不可能であった。西側の自家用車を購入した東独市民は、他の市民に対して神のように振舞うことができた。
 統一後、東独市民は、東独マルクをドイツマルクへ公式の交換比率と同じ1:1 の比率で交換できることになった。統一後に、等価交換されたドイツマルクで東独市民は、西側の自動車を購入した。住居等はすでに社会主義政権下でほぼ充足されていたからである。これまで崇拝の対象であった神が、突然降臨してきた。



1 Vgl. VEB-Entwurfs- und Ingenieurbüro des Straßenwesens Betriebsteil Halle, 30. 8. 1974: Unterlagen zur Trassenuntersuchung der Straßenbahntrasse Knoten 37 in Richtung Halle-Neustadt S. 1-1. In: Stadtarchiv Halle: Büro für Verkehrsplanung. A3. 11. Nr. 427.
2 Vgl. Hrsg. v. SED-Parteiorganisation des VE Verkehrsbetriebe Halle u. SED-Stadtleitung Halle: 100 Jahre Straßenbahn Halle 1882-1982. Halle 1982, S. 1.
3 Vgl. VEB-Entwurfs- und Ingenieurbüro des Straßenwesens Betriebsteil Halle, 30. 8. 1974, a. a. O., Bl. 4.
4 B. L. Schmidt: 100 Jahre elektrisch durch Halle, a. a. O., S. 197.
5 Vgl. [Anonymus]: Ostmark zum Willkür-Kurs. In: Der Spiegel. H. 48. Hamburg 1989, S. 113.


注釈
 本稿は、「後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして」『北海道教育大学紀要(人文科学・社会科学編)』(第66巻第1号、2015年、218-219頁)として既に公表されている。同時に、『公共空間X』へと転載されている。

田村伊知朗(近代思想史専攻)

|

« 後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その四)ーー4.ドイツ統一後のハレ新市における地域内の公共的人員交通 | トップページ | 後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その二)ーー2.1970年代中葉までのハレ新市における地域内の公共的人員交通 »

公共交通原論」カテゴリの記事