« 後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その三)ーー3.1970年代中葉以降のハレ新市における地域内の公共的人員交通 | トップページ | 後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その四)ーー4.ドイツ統一後のハレ新市における地域内の公共的人員交通 »

後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その一)ーー1.東独におけるハレ新市の建設

後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その一)

                                 
はじめに
 ザクセン・アンハルト州の一都市であるハレ市は、ドイツ民主共和国(以下、東独と略)のハレ県の県都であった。東独時代に、ハレ市に隣接してハレ新市が建設された。この都市は、近隣の化学工場労働者の居住空間として建設された。東西ドイツ統一後、ハレ市とハレ新市を結合する路面電車が、新たに建設された。本稿の目的は、ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を分析することによって、地域内の公共的人員交通における路面電車の本質的位置づけを解明することにある。それは、都市内における公共交通と個人交通の差異と連関という交通政策の根幹と関連している。


1.東独におけるハレ新市の建設
 旧ドイツ第三帝国の東部地域はソ連邦軍によって占領された。この地域は、1949年に東独として独立国家を形成した。社会主義がドイツにおいて現実化した。この国家の課題は、社会主義の理念に対応した生産力の拡大であった。
東独は1950年代、ハレ市近郊のロイナ(Leuna)、シュコパオ・ブナ(Schkopau・Buna)における化学工業工場を再稼働させようとしていた。ロイナとブナは、ハレ市から直線距離でそれぞれ20km、12kmの南方に位置している。この二つの化学工業企業は、戦前からドイツそして欧州において著名であった。第二次世界大戦中も稼働していた工場群が、社会主義政権における重化学工業の一翼を担うことになった。社会主義は、資本主義に対抗して新規に建設されるのではない。前者は、後者から移行することによって樹立される。資本主義の成果は社会主義形成の前提になる。
 しかし、第二次世界大戦中から稼働していた巨大工場群は、かなりの環境汚染を前提にしていた。ハレ市近郊の工場地帯における汚染濃度は、東西ドイツの統一直前の1980年代ですらかなり深刻であった。大気汚染の程度は、機械による精密な測定を待つまでもなく、嗅覚、視覚等の人間の原初的能力によっても認識されていた。長距離電車がハレ市近郊の工場地帯周辺の駅に近づくだけで、乗客は大気汚染を顕著に認識できた。大気中における二酸化硫黄の濃度は、ハレ市近郊の工場地帯において東独末期ですら年間平均300 μg/ m³であった。この濃度は、西独の工業地帯の4-5倍を意味していた。1 東独政府の環境に対する配慮は、統一直前でも乏しかった。いわんや、半世紀前のことである。化学労働者のための居住空間が、この巨大工場群の近郊ではなく、かなり離れた地域に建設されねばならなかった。
 さらに、この二つの巨大工場群で労働する労働者の数も膨大になった。ハレ市は中世以来の伝統を持っていた。その中心街に位置するハレ大学において学んだ研究者は、近代に限定しても数えきれないほど多い。この都市は、文化的都市としてドイツ精神史にその名前を刻んでいた。その中心街は、中世以来の建築様式を保持していた。中世以来の伝統的建造物を破壊して、近代的な高層住宅を建設することはできなかった。社会主義を建設する目的は、人類の遺産をより高次の段階において継承することにあった。
 また、戦前からの住宅の更新が進まなかった。その理由として、東独の社会主義的家賃政策が関連していた。「東独における多くの都市と同様にハレ市においても、居住可能な旧住宅施設が社会主義的な低家賃政策によって悪化していた」。2 低家賃政策によって、家屋の所有者は旧住宅を更新する意欲を喪失していた。もちろん、ドイツ社会主義統一党(以下、SEDと略)の主導によって、旧市街において新規参入者のために住居を形成することも実施された。しかし、その数は十分ではなかった。
 1964年に新たな人工都市が、ハレ市西部の広大な土地において建設され始めた。この土地は、住宅地227haを含む総計792 haに渡っていた。3 地質学的根拠および水質的条件からこの地域が選択された。ハレ市周辺はザール川の沿岸に位置している。湿地帯が多く、排水等の観点から住宅地には適さない地域が拡がっている。現在でも、このような湿地帯は都市内の森林として活用されている。
 当時の計画によれば、この都市において22,000個の新規住宅が建設されるはずであった。1981年には93,000人以上の住民が居住していた。4 この住宅地は、大規模かつ高層住宅団地として建設された。この都市はハレ新市と命名された。それは、伝統的都市から区別された独立の行政区分である。「新」という意義は、資本主義とは異なる社会主義的都市という性格づけにあった。新都市という空間において、平等主義的な居住空間が建設された。労働者階級に属する労働者とその家族が、この社会主義的新都市において人間的再生産を営む。「新都市は、欧州のブルジョワ的都市に対する反対プログラムである」。5新都市は、私的所有から自由な労働者階級のための空間としてSEDによって建設された。化学工場地帯の再生と共に、そこで労働する化学労働者とその家族の居住地の建設は、社会主義建設のための試金石であった。
 ハレ新市は、労働現場から分離された消費都市として人為的に形成された。「化学労働者都市において、その居住者に精神的かつ文化的教養、有意義に用いられる自由時間のための時間と余暇を提供するための生活条件を、我々、SEDは形成しようとする」。6 この新都市において、化学労働者が労働時間ではなく、純粋な自由時間を過ごす。ハレ新市において、人間の居住に必要な消費財の供給場所、学校、幼稚園等も同時に建設された。労働者とその家族構成員は、その人間的再生産が可能になった。

1 Vgl. Hrsg. v. Institut für Umweltschutz: Umweltbericht der DDR: Information zur Analyse der Umweltbedingungen in der DDR und zu weiteren Maßnahmen. Berlin 1990, S. 20.
2 B. L. Schmidt: 100 Jahre elektrisch durch Halle. Halle 1991, S. 158.
3 Vgl. Herausgegeben anlässlich der X. Arbeiterfestspiele von der Ortsleitung der SED und Parteileitung der Großbaustelle Halle-Neustadt: Halle-Neustadt. Jahrgang 1968. Vom Werden unserer Stadt. Halle-Neustadt 1968, S. 9.
4 Vgl. Halle-Neustadt: Wikipedia. http://de.wikipedia.org/wiki/Halle-Neustadt. [Datum: 04.04.2014]
5 W. Priggge: Schrumpfungsfade. In: Hrsg. v. Ph. Oswalt: Schrumpfende Städte. Bd. 1. Ostfildern-Ruit 2004, S. 44.
6 Herausgegeben anläßlich der X. Arbeiterfestspiele von der Ortsleitung der SED und Parteileitung der Großbaustelle Halle-Neustadt: Halle-Neustadt, a. a. O., S. 6.


注釈
 本稿は、「後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして」『北海道教育大学紀要(人文科学・社会科学編)』(第66巻第1号、2015年、214-215頁)として既に公表されている。同時に、、『公共空間X』へと転載されている。
田村伊知朗(近代思想史専攻)

|

« 後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その三)ーー3.1970年代中葉以降のハレ新市における地域内の公共的人員交通 | トップページ | 後期近代の公共交通に関する政治思想的考察――ハレ新市における路面電車路線網の延伸過程を媒介にして (その四)ーー4.ドイツ統一後のハレ新市における地域内の公共的人員交通 »

公共交通原論」カテゴリの記事