« 末端公務員組織における前例主義と役所文書のお笑いIT化――JPEGファイルの送信か、書類原本の郵送か | トップページ | 討論会 記者クラブ制度の問題点――その二・新聞記者の劣化 »

自家用車の渋滞(車両の安全?)と、人命の安全、どちらを重視すべきか――車両の走行を重要視し、人命を軽視する北海道教育大学

20150610 自家用車の渋滞(車両の安全?)と、人命の安全、どちらを重視すべきか――車両の走行を重要視し、人命を軽視する北海道教育大学


2014年6月19日、北海道教育大学函館校の出入り口付近で、乗車者が女子学生に追突し、彼女の生命を奪った。横断歩道上における痛ましい事故の直接的原因は、もちろん乗用車運転手の過失であった。しかし、事故現場において大学入口車道を含めれば、5本の道路が交差している。事故現場になった横断歩道も、かなり危険な横断歩道としてこれまで学生、周辺住民、歩行者に認知されていた。

それに対して交通警察(北海道)は、大学入口に横断歩道を新設し、事故現場になった旧来の横断歩道の廃止を提示した。この案に対して、北海道教育大学函館校運営会議(?)は反対を表明した。本案は車両の大学への進入を妨げることが、その理由だそうである。また、信号機を設置する、つまり歩道の改善を実施しないという対案を示した。

これに対して、住民自治会は「車を優先している」と大学の態度を非難している。なお、大学は現状、つまり横断歩道を現状のまま維持し、学生の指導を徹底するという案も保持している、という。

しかし、歩道は学生だけでのものではない。むしろ、都市住民のものである。少なくとも、交通警察の案は、現状よりも歩行者の安全を改善する。大学への車両進入を阻害しても、歩行者の安全を改善する意図をもっているはずである。もちろん、交通警察が歩行者の安全を減じて、車両の渋滞なき走行を優先しているのであれば、別である。しかし、このような意図は感じられない。少なくとも、1年前の事故の原因は、北海道警察、函館市の交通政策の欠陥に基づいている。彼らも責任の一端を感じている。また、同一の事故が発生すれば、今度は警察署長あるいは本部長の進退問題に発展する可能性がある。キャリアに傷がつくこともあるであろう。マス・メディアは、警察と行政(函館市道路建設部長?)の責任を追及するであろう。

このような認識を前提にして、改善案を交通警察は提示した。その案に対して、北海道教育大学函館校は大学への進入車両の渋滞を理由として反対した。しかも、北海道教育大学函館校の一員は、「車両の安全」という不可解な言葉を述べている。車両の安全と人間の安全をどちらを重視uするのか、自明であろう。歩行者の安全が現今、議論されている。それに対置できる概念ではないであろう。]

なお、このブログ記事は、佐藤龍文(キャスター)の「NHK ホットニュース北海道」(2015年6月10日、18時10分―)の事実認定に基づいている。

|

« 末端公務員組織における前例主義と役所文書のお笑いIT化――JPEGファイルの送信か、書類原本の郵送か | トップページ | 討論会 記者クラブ制度の問題点――その二・新聞記者の劣化 »

道路交通」カテゴリの記事