« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

後期近代における人間関係――他者との一面的関係性と、死後におけるその消滅

20150125 後期近代における人間関係――他者との一面的関係性と、死後におけるその消滅

 最近、昭和一桁生まれの知人が死んでいる。年齢は80歳を超えており、平均寿命とほぼ同等である。彼らも自己の死を想定していたに違いない。しかし、現実にその死を受容するためには、具体的な設定をしていない場合も多い。突然死に近い場合もある。
 彼らと昭和30年代生まれの私は、知人と言っても父親と子供ほど年齢が離れている。例えれば、指導教官とその弟子の関係に近い。その指導教官の家族、親族とはほとんど無関係である。したがって、その葬儀に呼ばれることはない。葬式以後、かなりの時間が経過した後で、その死を知ることになる。葬儀とは、故人の遺品、財産の承継等が中心になるからだ。
そして、生者と故人との関係が明白になる。その関係の一面性が明白になる。ある知人とは趣味、つまり煙草談義だけでつながっていたにすぎない。その職業的側面に関して、介入することはなかった。様々な助言を受けたが、それをすべて実行することはなかった。
  このような事柄は、はすべてに人間関係に言えることである。私の知人の多くは、私の研究内容に興味がない。私も、知人の研究内容、仕事の内容の詳細に関して知るすべもない。
 後期近代とは、関係がすべて機能化する時代である。全人的な人間関係の構築という標語もまた、死語になった。この機能主義関係に包摂されない部分を、我々はどこの託そうしているのか。機能主義だけに還元されない生の欲求は、どこにその出口を求めるべきであろうか。新興宗教が隆盛であるのも、その観点から考察されるべきであろう。

| | コメント (0)

シャルリ・エブド社(Charlie Hebdo)による風刺画(その二)――東京電力福島第一原子力発電所と福島県民を虚仮にする風刺画――手足が3本ある日本人

20150119
シャルリ・エブド社(Charlie Hebdo)による風刺画(その二)――東京電力福島第一原子力発電所と福島県民を虚仮にする風刺画――手足が3本ある日本人


"Le Canard enchaîné" froisse Tokyo

Le Monde.fr avec AFP | 12.09.2013 à 08h10 • Mis à jour le 12.09.2013 à 09h17

En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/japon/article/2013/09/12/le-canard-enchaine-froisse-tokyo_3476202_1492975.html#3HYBp7blMzrlSyXy.99

http://www.lemonde.fr/japon/article/2013/09/12/le-canard-enchaine-froisse-tokyo_3476202_1492975.html[Datum: 19.01.2015]

20150119_karikatur


(クリックすると、画像が鮮明になります)。

 シャルリ・エブド社(Charlie Hebdo)による風刺画をめぐる議論が本邦でも盛んである。この場合、イスラム過激派に対する共感は少ない。もっぱら、シャルリ・エブド社(Charlie Hebdo)による風刺画を肯定的にとらえている。その内容に眉をひそめる人も多いが、「出版の自由と言論の自由」を守るべきであるという御旗に逆らうことはできない。
 しかし、この風刺画を肯定する人間は、東京電力株式会社福島第一原子力発電所に対する風刺もまた、肯定しなければならない。東京オリンピック決定後に出された風刺画は、多くの日本人にとって屈辱的であった。日本の文化を代表する相撲を、手足が3本ある奇怪な日本人がとっている。事実、日本国政府はこれに抗議していたはずである。
 しかし、イスラム教に対する風刺画の存在自体を肯定する人間は、この福島と日本に対する風刺もまた肯定しなければならない。イスラム教に対する風刺はいいが、日本に対する風刺はよくないとは、二重基準にしかすぎない。
 一般的に言えば、風刺画は読者を憤慨させ、そして考えさせる。本当に東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故は収束したのであろうか。その意味で、凡百の評論よりも、この一枚の風刺画が福島事故を思い出させた。多くの日本人にとって、東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故は、ほとんど考慮の対象外である。安倍総理の言によれば、それは「制御されている」。しかし、この風刺画を見るかぎり、海外では少なくとも安倍総理の言葉は信用されていないようである。

| | コメント (0)

 シャルリ・エブド社(Charlie Hebdo)による風刺画(その一)――出版の自由と言論の自由は無制限であろうか――低水準の対象を批判するのではなく、嘲笑すべきであった。

2004_hurannsuhuusiga_2

http://www.charliehebdo.fr/


20150116 シャルリ・エブド社(Charlie Hebdo)による風刺画――出版の自由と言論の自由は無制限であろうか――低水準の対象を批判するのではなく、嘲笑すべきであった。

 シャルリ・エブド社の風刺画とそれに対する暴力的抗議が世界的に問題になっている。この問題の本質は後期近代におけるテロリズムとして処理されるべきであろう。なぜ、初期近代では政治的暴力が肯定され、後期近代においてそれがテロリズムとして否定されるか。しかし、この問題は本ブログで詳細に論じているので、ここでは割愛する。過去のブログを参照していただきたい。 1
ここでは、この問題を出版の自由と言論の自由の問題として考察してみよう。この出版社へのテロ行為のあとで、フランス大統領だけではなく、ドイツ首相メルケルをはじめとして西欧資本主義国家の政治的指導者がデモ行進をして「出版の自由と言論の自由」を掲げたからだ。
 しかし、この行進に参加したすべての政治指導者が、無制限の「出版の自由と言論の自由」を標榜したにもかかわらず、自国においてそれを無制限に実践しているわけではない。フランス、ドイツそして西欧において、ナチス・ドイツ時代の「強制収容所」の犠牲者を虚仮にして、ユダヤ人をいたぶる風刺画を作成すればどのようになったであろうか。この風刺画においてヒトラーとナチ親衛隊を賛美し、その論説において「強制収容所はなかった」と表現すれば、どのような事態に陥るであろうか。フランスの出版自由法(第24条の2)において、ホロコーストの存在に対する異議申し出罪が明白に表現されている。そのような論説は、刑事罰の対象になるだけであろう(もちろん、筆者はホロコーストを否定しているのではない。本文の記述は、接続法の記述に属している)。出版の自由と言論の自由は無制限ではない。それぞれの国家の歴史的コンテキストにおいて決定されている。
 ところで、この風刺画がイスラム教徒、ならびにイスラム教徒が多数派である国家を憤慨させていることは事実である。イスラム教によれば、ムハンムドの形象を描くこと自体が神への冒瀆である。いわんや、その像を虚仮にすれば、イスラム教徒が憤慨することは道理にかなっている。
しかし、この風刺画をイスラム教徒は批判すべきであろうか。ある対象を批判するという行為は、批判者と批判対象が同一の論理構造に位置することを含んでいる。批判者はある対象を批判の対象にすることによって、その実体の変革を指向する。しかし、その対象の変革を指向することは、その対象と同一の論理構造にからめとられる危険がある(この点に関しては、ブルーノ・バウアー純粋批判を参照)。
 一番良い方法は、その対象を嘲笑するだけでよかった。一部のイスラム教徒が暴力的行為をはたらくことによって、シャルリ・エブドの最近の特別号は、100万部も販売されたようである。通常の販売部数は数万部であるから、その10倍を超えている。  しかも、数分で売りきれたようである。 2 一部のイスラム教徒の行為によって、極東の国の住人ですら、この風刺画を読むことになった。この政治的暴力はシャルリ・エブドに莫大な利益をもたらした。そして、イスラム教徒一般に対する言われなき差別を助長することは、ほぼ確かであろう。
一般化すれば、馬鹿と話をすることはない。自分よりも低水準の人間と対象を批判の対象にすべきではない。馬鹿な人間と馬鹿げた対象を批判することによって、批判者もまた低水準化しなければならない。嘲笑するだけでよかった。

1
田村伊知朗「近代における初期近代と後期近代の時代区分」(2008年7月 3日)
http://izl.moe-nifty.com/tamura/2008/07/post_7bcf.html
[Datum: 03.07.2008] 参照。
2
Vgl. Wunder der Solidarität. In: Schwäbische Tagblatt, 15.01.2015.
http://www.tagblatt.de/Home/nachrichten/ueberregional/politik_artikel,-Neue-Ausgabe-von-Charlie-Hebdo-binnen-Minuten-ausverkauft-Zeichner-spotten-sogar-ueber-den-Mord-a-_arid,287389.html
[Datum::17.01.2015]

| | コメント (0)

20150112 近代における様々な水準の分離――複数の仕事を同時に遂行する。その連立方程式の解は?

20150112 近代における様々な水準の分離
――複数の仕事を同時に遂行する。その連立方程式の解は?
複数の業務のいくつかは関連しており、頭が痛い。こちらを立てれば、あちらが立たず。連立方程式ならば、解を求める公式がある。極端に異なる事柄、たとえば海外出張という非日常業務と会社の日常業務は、日程的に折り合わない場合が多い。どちらも、準備に数か月かかることもあるからだ。しかも、どちらもかなりの裁量の余地がある場合、その日程調整は困難を極める。
海外出張には、先方の都合がある。先方がそもそも長期休暇に入っていれば、お手上げである。会社の日常業務であれば、関連業者との細部の調整が不可避である。関連業者もその会社だけではなく、複数の会社の仕事を掛け持ちしている。
どちらも、未決済のまま、時間が過ぎてゆく。細部が詰められずに時間ばかりがすぎてゆく。優先順位をつけようにも、どれもが同等に重要な場合も多い。非日常業務と日常業務は、労働者にとってどれもが重要である。とほほ。

この社会思想史的考察
 以上のような考察は、労働者であればつねに抱えている問題であろう。しかし、この問題は、近代の本質と関連している。近代人は様々な社会的役割を抱えている。古典的な社会理論であれば、公と私の分離だけでよかった。しかし、後期近代においてこの両極の間には、無数の水準がある。私の水準だけでも無数の領域に分化している。この水準に応じて、人間は無数の役割を演じなければならない。

| | コメント (0)

敗北する地方自治体、函館市――新幹線新駅、新函館北斗駅対策は、自動車道の整備だけ?--『北海道新聞』批判

20150107
敗北する地方自治体、函館市――新幹線新駅、新函館北斗駅対策は、自動車道の整備だけ?--『北海道新聞』批判

 2015年1月7日の『北海道新聞』において、「迫る道新幹線、遅れる自動車道」という小林記者の署名入り記事が掲載されている。この記事は第4面において掲載されており、単なる小林記者の個人的思いで書かれたとは思えない。むしろ、『北海道新聞』の総意であろう。また、新聞社の総意を超えて、函館財界そして北海道財界の総意であろう。 
 この記事によれば、北海道新幹線の新函館北斗駅開業に間に合うように、北海道南部の高速自動車網を整備すべきである。それは函館市だけではなく、函館財界の総意であるという。
しかし、北海道新幹線は貨物新幹線ではない。人員輸送に限定されている。北海道新幹線で東北、北関東そして東京から来た人は、本来であれば鉄道、軌道によって目的地に到着すべきであろう。
 高速道路の整備が地方の活性化に寄与するというのは、幻想そして思い込みである。高速道路が完成されることによって、函館に集客されると思い込んでいる。しかし、函館市民はその高速道路によって、札幌市にも行くことができる。その2面性を理解しないかぎり、自らの首を自ら絞めるという結果をもたらすであろう。
 また、函館は新函館北斗駅と現函館駅を結ぶアクセス鉄道の経営にも責任を負っている。高速自動車の整備は、その経営を圧迫するであろう。鉄道からきた客は、鉄道によって迎えることが適切である。

『北海道新聞』2015年1月7日第4面

201517_11







| | コメント (0)

2015年1月2日の出来事――(ホテル)ラビスタ函館ベイ、全国ランキング1位(朝食部門)のホテルと凡百のコンビニの差異

20150102 2015年1月2日の出来事――(ホテル)ラビスタ函館ベイ、全国ランキング1位(朝食部門)のホテルと凡百のコンビニの差異――多くのコンビニは杓子定規に新聞を返送していたにもかかわらず、この名門ホテルは、1月2日に元旦の新聞を置いている。

 1月2日14時現在の話である。元旦は家のなかでゆっくり過ごしていた。2日になって、新聞を読もうと考えたが、近所の多くのコンビニから新聞が消えていた。コンビニ店員は勝ち誇ったように、「本日は新聞休刊日です」と、おっしゃっていた。2日が休刊日であることは、自明の事柄である。多くのコンビニ、たとえばセブンイレブン、セイコーマート(北海道の地域コンビニ)そして駅売店でも前日の新聞をすべて返送していた。
 しかし、内地にいたころ、2日に前日の新聞を購入したことがある。10年以上前の話で現在どのようになっているのか、定かではない。杓子定規のマニュアルに従うことによって、商店は営業機会を逃している。前日の新聞を置くスペースがないとは言わせない。新聞の棚は空である。置いておけば良いのだ。
 途方にくれた私は、ある名門ホテルに新聞を求めた。あったね。ありましたね。朝食部門のランキング全国1位に輝いていたこともあるこの名門ホテルは、元旦の新聞を3種類ほど保存していた。さすが、全国にもその名が轟いていた名門ホテルは客のことを考えている。
 マニュアルは客のことを大事にすべきである。新聞休刊日が明白な2日に新聞を取り置くことが、それほと困難なことであろうか。このブログで書いたことはもちろん小さな事柄である。しかし、一事が万事という諺もある。凡百のコンビニと名門ホテルには大きな差異がある。このホテルが全国ランキング(朝食部門)に顔を見せることは、当然と思われる。

| | コメント (0)

日本の商慣習の破壊――正月三が日におけるスーパーマーケットそして百貨店の初売り――老舗百貨店は三が日は休業すべきか。

20150102

日本の商慣習の破壊――正月三が日におけるスーパーマーケットそして百貨店の初売り――老舗百貨店は三が日は休業すべきか。

 お正月という歳神様を迎える習慣として、正月三が日は家族でゆっくり過ごすという慣習がかつてあった。せいぜい、近所の親類を訪問するくらいであった。少なくとも、多くの個人商店にとって三が日に営業することは、馬鹿げたことであった。御屠蘇気分という言葉があり、酒好きの人は昼間から飲んでもよいという御めでたい日であった。三が日には金銭に触れないという慣習も存在した。
 しかし、1990年代になって、大手スーパー、ダイエーが元旦営業を開始した。経営が危ういからそのようなことをするのだという陰口が聞かれた。その後、他社の大手スーパーがダイエーに追随した。そのころ、老舗百貨店の多くは三が日は休業していたはずである。少なくとも、初売りは3日、4日であった。
 しかし、2015年1月2日、ほとんどすべての百貨店はこの日が初売りである。老舗と言われる伊勢丹新宿店、三越銀座店、日本橋高島屋ですら、本日初売りを敢行している。西武池袋店は大手スーパーと同様に1月1日に開店している。デパートの名が泣いているのであろう。
 正月三が日という商慣習を破壊した大手スーパー、それにほぼ追随している老舗デパート。彼らには、正月三が日くらいゆっくりしたいという日本の慣習は顧慮の対象外であろう。抜け駆けして儲けようとしたダイエー中内社長に追随した。もっとも、ダイエーは倒産してしまったが・・・。
 もし、日本の老舗デパートが4日に初売りを敢行すれば、それは話題となるであろう。多くのスーパーマーケットそして百貨店が1月1日、2日において初売りを実施しているなかで、少なくとも三が日は買い物をしないという富裕層にむけて絶好の宣伝となろう。歳末商戦で疲労している労働者の英気を養うことにもつながる。まさに、自己を老舗として差別化できるであろう。
 明日は1月3日である。初売りをする老舗デパートはあるのであろうか。

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »