« 共生ーー喫煙者と非喫煙者 | トップページ | 公共交通の衰退を促進する行政――そして行政が街を破壊する。 »

禁煙思想の強制:倫理の崩壊

多くの公共機関において禁煙という思想が強制されている。この事態を倫理あるいは倫理学から考えてみたい。禁煙という思想を持つことは、個人の思想信条の自由として承認されている。それは、禁酒あるいは禁性交を特定の個人が生活信条とすることは、社会的に承認されているのと同様である。その思想自体をここで批判しようとするのではない。

 しかし、問題はその個人的思想を他者に強制して恥じない倫理性の欠如である。自らの生活信条を他者に強制して恥じない他者性の欠如である。どのように優れた生活信条であれ、それを他者に強制することは、内面の自由を侵害することになる。近代国家はどのような思想であれ、それを他者に強制することを禁じている。もちろん、日本国家も近代国家の範疇に入ることは当然であり、憲法等でこのことは明記されている。このような事態に対して、多くの倫理学者がなぜ沈黙を守っているのか。不思議である。

また、煙草そのものが、財務大臣を大株主とする日本たばこ産業株式会社によって販売されている商品である。その商品を買うことを規制することは、どのような法律に基づいて禁止されているのであろうか。言わば、政府によって販売されている商品に対する不買運動は、どのような名分で実施されるのであろうか。石油排気ガスを他者に吸引させながら、喫煙による悪を弾劾する思想的根拠はどこにあるのであろうか。

今日の健康問題、ひいては環境問題にとって重要なことは、二酸化炭素の排出量に対する抑制である。喫煙によってオゾン層が破壊されるのであろうか。もちろん、喫煙によって二酸化炭素も排出される。しかし、自家用車の使用による二酸化炭素排出量と比べれば、微々たるものであろう。禁煙という思想は、近代の近視眼的一元的思考の最たるものである。

|

« 共生ーー喫煙者と非喫煙者 | トップページ | 公共交通の衰退を促進する行政――そして行政が街を破壊する。 »

喫煙権」カテゴリの記事