« 世を忍ぶ仮の姿と、後期近代における貴賎意識―――花輪和一『みずほ草紙』における乞食への眼差し | トップページ | チンコロ(密告)に対する儒教の論理と人間の共同性――業田良家「シャルルの男」『独裁君』 »

日本官僚制の問題点ーーいしいひさいち役人論(会議の無駄)

 日本的会議の特質は、どうでもよいことに反応し、大事なことに反応しないことであろう。会議は、会議に参加する構成員にとって重要なことを討論する舞台である。しかし、往々にして、些細なことの過剰反応して多くの時間を費やす。1時間の会議で、文章の間違いを30分以上話し合った会議があった。阻害という漢字を使用するのか、疎外を用いるのか、ということが論点であった。馬鹿ではないか、と多くの参加者は考えていたが、うんざりしながら、聞いていた。もちろん、漢字の使用法、あるいは句読点の一字によって、法解釈そのものが180度変わることは承知している。しかし、変換ミスが明らかである場合でさえも、糾弾の対象になる。

 それに対して、重要なことにはほとんど反応しない。たとえば、多くの大学で教員任期制が導入されている。任期制とは、簡単に言えば首切りである。そのような重大な問題に対しては議論せず、漢字の変換ミスには過剰に反応する。このような馬鹿が多く存在する会社、あるいは組織はつぶれてよいのであろうか。ただ、このような会議に参加する構成員もすべてが馬鹿ではない。まともな構成員は落城を阻止するために、獅子奮迅の活躍をしなければならないのであろうか。そして他の馬鹿構成員から次のように言われるに違いない。「勝手にやって。会議では承認されていない」と。

 

|

« 世を忍ぶ仮の姿と、後期近代における貴賎意識―――花輪和一『みずほ草紙』における乞食への眼差し | トップページ | チンコロ(密告)に対する儒教の論理と人間の共同性――業田良家「シャルルの男」『独裁君』 »

馬鹿役人」カテゴリの記事