« ベルリン旅行者(二の二)ーーホテルの格付け星ーー事柄の不可視性 | トップページ | ベルリン旅行者(三)ーーベトナム人と日本人 »

ベルリン旅行者(二の三)ーーシングルでツイン?ーー事柄の不可視性

20140309 数年前のブログ記事を編集上の観点から本年に移行する。 

20070922ベルリンのホテルーーシングルでツイン?ーー事柄の不可視性

 シングルのホテルを予約しても、ツインの部屋をあてがわれることもある。とりわけ、4つ星のホテルの場合が多い。4つ星以上のホテルでは、そもそもシングルの部屋が少ないからであろう。その場合、部屋は分不相応の広くなる。王侯貴族のような気分になる。5人用のソファがある。クローゼットには、100着の衣類を収納できそうだ。灰皿も、5つもある。トイレに1個、小さな机に1個、大きな机に1個、洗面所に1個、トイレに1個ある。もっとも一人しか宿泊しないので、ほとんどの灰皿が綺麗なままである。いつも、新しい灰皿を使用できるのは、快適である。

 このような幸運に出会えるのは、4つ星以上の高級ホテルか、星のないホテルである。3つ星、2つ星の中級ホテル、ビジネスホテルではありえない。そもそも、シングルの客しか想定されていない場合が多い。倹約旅行か、少し余裕のある場合にのみ、このような幸運に出会う。

 それは、多くの素人の場合、ホテルの経営状況まで把握できないからだ。おそらく、年に何回もベルリンに滞在する人は、稀である。多くの旅行者にとって、数日の滞在期間しかない。

|

« ベルリン旅行者(二の二)ーーホテルの格付け星ーー事柄の不可視性 | トップページ | ベルリン旅行者(三)ーーベトナム人と日本人 »

近代という時代認識」カテゴリの記事