« 路面電車の意義――『函館新聞』掲載 | トップページ | 「自民圧勝 ねじれ解消」という新聞各社の一面の見出し (その二 「ねじれ」は正しい »

「自民圧勝 ねじれ解消」という新聞各社の一面の見出し (その一)

「自民圧勝 ねじれ解消」という新聞各社の一面の見出し (その一)

――話し言葉を書き言葉に挿入すること

 

                      20130722 田村伊知朗

 

自由民主党が、2013721日における23回参議院議員選挙で圧勝した。翌日の新聞はほぼ同様な一面を飾った。もちろん、用語法には若干の相違があるが(「自公過半数 ねじれ解消」(『読売新聞』)、「自公圧勝、衆参過半数」(『朝日新聞』))、そのいずれもが「自民圧勝」という選挙結果を同一の概念で表現している。『毎日新聞』と『北海道新聞』においては、ほぼ同一の言語が表象されているという表現を超えている。全く同じ言葉、「自民圧勝 ねじれ解消」という言葉が一面の見出しになっている。しかも、同一のレイアウトで。あたかも、一方の新聞が他方を「複写・貼り付け(コピペ)」をしたかのように。学生のレポートであれば、同一の見出しをつけることは、禁じ手である。コピペされたレポートは、レポートの価値すらない。

このような事態から、以下のことが推察される。新聞各社の見解によれば、衆参両院間の「ねじれ」の解消が本選挙の争点の一つであった。いわば、法案を成立させるための方法論が争点の一つになっていた。衆参両院の「ねじれ解消」は、国会運営の方法をめぐるものであり、本来の争点ではない。今回の参議院議員選挙における本来の争点は、「TPP参加」、「憲法改正」、「原発の再稼働」、「東京電力福島第一原子力発電所の廃炉問題」、「消費税増税」等であった。「ねじれ」を除く、これらの争点の是非が問題になったはずであった。もし、「憲法改正」という争点が明確であったならば、見出しは「自民圧勝、憲法改正へ」であったはずである。しかし、新聞各社とも、このねじれの解消こそが問題の第一であったと考えていた。その結果が、多くのマス・メディアの一面の見出しが同一であるという結果を導いた。同一の事柄が、同一の言語によって表現されていた。

Img0211_2





 

|

« 路面電車の意義――『函館新聞』掲載 | トップページ | 「自民圧勝 ねじれ解消」という新聞各社の一面の見出し (その二 「ねじれ」は正しい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事