« スイス気象メディア社(Meteomedia AG)による東京電力福島第一原子力発電所からの放射性物質拡散予想のドイツ語版からの閲覧不能――日本語版のみでの閲覧可能性 | トップページ | 重層的決定機構における最下部組織――新学部構想をめぐる国立大学法人における学部と、役員会及び文部科学省との関係 »

役人的世界における「社長」という隠語ーー官僚にとって責任を考える対象

20120711 役人的世界における「社長」という隠語ーー官僚にとって責任を考える対象

 

役人つまり公務員と話していると彼らの隠語として、社長という言葉が乱発される。公務員組織は、株式会社とは異なり、社長という役職をもっていない。にもかかわらず、この組織に属していない人間に対して、「うちの社長」という表現を用いる。市役所、県庁において、その発話者が課長あるいは課長級であれば、市長あるいは県知事を指す場合が多い。彼らが地方公務員の世界であれば、何らかの事柄の実質的責任者であるからだ。課長は責任者として、しばし社長に報告する義務がある。

この社長という隠語とその隠語が発される状況は、彼らにとって直属の上司が誰であるかを暗示している。課長の直接的上司は部長である。しかし、彼らにとって責任を負う主体は、その自治体の長つまり県知事あるいは市長である。

このような隠語は、うちの社という意識を暗示している。この会社が市民あるいは県民と何らかの関係を結ぶ。彼らにとって、市民や県民はどのような隠語で呼ばれているのであろうか。聞いてみたい。まさか、市民が「ゴミ」と呼ばれることは、ないであろう。もっとも、市民や県民に対して、公務員が隠語で話す機会はない。ここでは、元公務員の情報提供を待つばかりでしかない。

また、公務員が市長あるいは県知事に面会する機会がない場合は、「社長」は直属の課長を指す場合が多い。課長補佐よりも地位が低い彼らにとって、所属する課が世界のすべてである。そこでは、社長は「課長」を指す場合が多い。また、縦割り行政が明白である国家公務員の世界において、課長補佐以下の人員にとって、社長は課長を意味している。局長あるいは事務次官と面談する機会はほぼないであろうからだ。

この社長という意識は、彼らにとっての責任主体が誰かを表している。社長という意識が、その責任範囲を明示している。彼らにとって、歴史あるいは国民全体の利益という観念は生じないであろう。

|

« スイス気象メディア社(Meteomedia AG)による東京電力福島第一原子力発電所からの放射性物質拡散予想のドイツ語版からの閲覧不能――日本語版のみでの閲覧可能性 | トップページ | 重層的決定機構における最下部組織――新学部構想をめぐる国立大学法人における学部と、役員会及び文部科学省との関係 »

近代という時代認識」カテゴリの記事