« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

仕事と焦り――研究者と労働者の能力

 20110214 「仕事と焦り――研究者と労働者の能力」

 焦っていると仕事においてミスを犯し、そしてもう一度やる破目に陥る。そのような日々が連続した場合、仕事量は2倍に増える。仕事はゆっくりやったほうが能率がよい。

 しかし、突然割り振られる仕事もある。また、納期そのものを忘却していたり、納期が曖昧なまま、突然催促される場合もある。そのような場合、焦る。通常業務の他に、突然仕事が入ってくることがある。その場合も焦る。焦る。焦る。電話が鳴る。催促である。焦る。焦る。

 このような事情は、研究者も労働者も同一である。純粋の研究者などほとんどいない。大学あるいは研究機関に属している研究者が多数である。そこでは、研究以外の労働、たとえば管理労働、書類作りにいそしまなければならない。それを怠ると研究の基盤が破壊される。自然科学研究者は、高額の実験器具を購入しなければ実験ができない。そのためには、購入依頼書を作成しなければならない。また、研究費獲得のための書類、たとえば科研費申請書類は膨大な量になる。数か所の機関に応募する場合、その書類の厚さは数センチに及ぶ。もちろん、獲得できればその苦労は報われるが、すべて却下されればすべて徒労に終わる。

 このような仕事に追われ焦る場合、どのようなすればよいであろうか。焦れば、能率は数分の一に陥る。したがって、納期の延長も顧慮すべきである。今日命令された書類は、明日、あるいは深夜ゆったりと行うべきである。1日あるいは3日の延長をお願いする。研究もまた同じである。研究労働という概念もある。

 おおらかな気持ちで過ごせば、人生もまたおおらかになる。

|

新函館駅(現 渡島大野駅)視察以後の討論会

20120404討論会の締め切りを4月11日まで延長します。

20120220

続々とコメントが来ています。なお、公開は3月15日以後になります。その際、ペンネイムでお願いします(本名等は削除してください)。

20120213 

 新函館駅周辺を実際に見学したのちでの討論会を実施する。討論の実質を向上させるために、2000字以上の論稿を期待する。それ以下の字数のコメントは削除される。期間は、3月末までである。

|

原発事故に関する討論会への招請 2

20120211 

 討論会は本日2012年2月11日をもって終了しました。コメントありがとうございます。本コメントは本記事があるかぎり、閲覧可能です。 討論会への招請

20111215

東京電力福島第一原子力発電所事故が3月に発生して、1年近くが経過している。本ブログは、以下の主題で討論会を開催する。字数は2000字前後である。意見をコメント欄に貼り付けることを希望する。公開日は2月10日以降である。

主題 「原発事故から約1年経過した現在住民の被曝量を軽減するためにどのような政策を、地方自治体は、取るべきであるのか。あるいは市民はどのような自己防衛をなしうるのか」。

|

原発事故に関する討論会への招請 1

20120211 原発事故に関する討論会を2012年2月においても開催した。それと比較するするために、日付を2012年2月11日に変更する。

20110711 討論会への招請

東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故から数か月経過した。この事故は現在小康状態を維持している。しかし、終息したわけではない。今後、健康被害を避けるために留意することは、何かが問われている。また、3月下旬のような大爆発の可能性も無ではない。避難の可能性もある。その際、留意すべき点も考慮されるべきである。

 このような観点から討論会を招請する。1500字から2000字程度のコメントをお願いする。

7月28日、コメントを終了しました。ありがとうございました。

|

市街電車に関する討論会

1、討論会は本日2012年2月11日をもって終了しました。コメントありがとうございます。本コメントは本記事があるかぎり、閲覧可能です。

2、 地方都市の公共交通、とりわけ市街電車に関する討論会を企画する。字数は、4000字以上5000字以内である。コメント欄に貼り付けることを期待する。

1月30日現在、2通のコメントが貼り付けられている。公開は2月10日以後になる。安心して貼り付けることをお願いする。

| | コメント (6)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »