« 青森県における放射能汚染地帯の存在可能性――青森県の環境放射能水準における異常と正常 | トップページ | 新函館駅をめぐる所感ーー所沢駅は新「新宿駅」? »

2012年1月15日前後の放射能汚染数値の上昇

20120119 2012115日前後の放射能汚染数値の上昇

 2012114日において青森県の空間放射能汚染が異常に上昇したと本ブログに記載した。武田邦彦氏のブログでも、115日の空間放射能の数値が異常に上昇しているとの報告があった。[1] 14-15日前後において東京電力福島第一原子力発電所が何らかの異常を起こしていたと推定した本ブログの見解が、必ずしも的外れではなかった。

 もちろん、その原因の特定はここでは問題にならない。その影響はどのような原因であれ、市民生活を攪乱する。それ以降の放射能に対する防御こそが市民生活にとって重要である。

 しかし、それ以降、青森県では放射能汚染数値の極端な上昇はみられないようである。杞憂にすぎなかったようである。しかし、気象条件、地理的条件によっては、今後どのような放射性同位元素による市民生活への攪乱が起きるか予想できない。インターネット情報の発達がどれほど進んだとしても、それをすぐさま知覚する手段は未だないようである。

|

« 青森県における放射能汚染地帯の存在可能性――青森県の環境放射能水準における異常と正常 | トップページ | 新函館駅をめぐる所感ーー所沢駅は新「新宿駅」? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事