« 貧乏人は煙草を吸うな、俺たち政治家、高級官僚は、年収1,000万円以上あるので、一箱1,000円でも大丈夫――年収600万円以下の人間にとって過酷な煙草の値上げ | トップページ | 東京電力福島第一原子力発電所事故による海洋汚染――東京湾、三陸沖そして北海道沖までの放射能汚染 »

国栄えて山河なし――日本国政府、自治体による放射性物質の意図的な全国拡散

20110929 国栄えて山河なし――日本国政府、自治体による放射性物質の意図的な全国拡散

『産経ニュース』(2011520日)によれば、「震災がれき受け入れ広がる」[1] ようである。9月現在では、ほとんど全国の廃棄物処理場で福島県、宮城県、岩手県等の瓦礫を処理するようである。しかし、この瓦礫の中には、化学物質が多数含まれていることは確かである。しかし、それだけではない。問題は、セシウム137、ストロンチウム90等の放射性物質を微量であれ含んだ瓦礫を処理することにある。つまり、簡略化すれば、放射性廃棄物を全国に拡散しようとしている。

 放射性物質を焼却すればするほど、その土地の空気、水、そして人間が汚染される。水を飲み、その土地の空気を吸引しなければ、人間は生存不可能であるからだ。今まで、放射能汚染とはほとんど無関係であった地域、たとえば北海道西部、四国、中国、九州にまで放射性物質を運び、そして焼却という名のもとで拡散させようとしている。すぐさま、やめるべきであろう。東京電力株式会社福島第一原子力発電所からでた放射性物資は、その土地に返すべきである。拡散させるということは、日本中を放射性物質によって汚染させることにつながる。今や、安全とされてきた北海道西部、四国、中国、九州にまで汚染が拡がると、日本全体にまで汚染が拡がる。

 汚染は時間が経てば経つほど、顕著になる。放射性物質を拡散すればするほど、その土地に堆積してゆく。なるほど、今、YENはかつてないほど高価になっている。しかし、山河の汚染はそれだけ酷いものになってゆく。


[1] http://sankei.jp.msn.com/life/news/110520/trd11052007380001-n1.htm

|

« 貧乏人は煙草を吸うな、俺たち政治家、高級官僚は、年収1,000万円以上あるので、一箱1,000円でも大丈夫――年収600万円以下の人間にとって過酷な煙草の値上げ | トップページ | 東京電力福島第一原子力発電所事故による海洋汚染――東京湾、三陸沖そして北海道沖までの放射能汚染 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事