« 東京への高濃度放射能汚染雲の襲来と、雨によるその地上への降下――政府高官は雨に当たらず、労働者は雨のもとで労働する | トップページ | 雨と放射能――東北地方における米の放射能汚染 »

素人の常識と専門的知識――放射能拡散予想と生活防衛

20110821 素人の常識と専門的知識――放射能拡散予想と生活防衛

神奈川県川崎市大島局の環境放射能検査によれば、819日に、その値が通常値の2倍に上昇していた(0.05マイクロシーベルトから0.1マイクロシーベルト)。[1] それは、本ブログが同日予想していたことであった。その予想根拠は、スイス気象庁による高濃度放射性雲の拡散予想と雨の予想という二つの情報に依拠していた。もちろん、この値は3月下旬に比べれば、五分の一程度であり、健康には直接影響のないものであるかもしれない。

 私は放射能に関して全くの素人である。しかし、これくらいの予想は簡単に可能である。それは、市民の常識に属している。この常識が欠けている市民の多くが、当日セシウム137等の物質を吸引したはずである。もちろん、健康に被害のない程度かもしれない。しかし、明らかに健康によいはずはない。 しかし、問題は専門家がこの事実を知りながら、その周知を怠っていた。高濃度汚染雲が関東平野を襲い、雨が降れば、放射性物質が関東平野を襲うことは、十分予想であった。にもかかわらず、多くの専門家は、3月下旬と同様に、8月下旬でもこの予想をほとんど無視している。

 本当にこの程度の放射性物質は、健康に被害がないのであろうか。数か月経過した後、臍をかむことにはならないのであろうか。

|

« 東京への高濃度放射能汚染雲の襲来と、雨によるその地上への降下――政府高官は雨に当たらず、労働者は雨のもとで労働する | トップページ | 雨と放射能――東北地方における米の放射能汚染 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事