« 政治的セクトから政党への絶望的願望ーーその宗教的セクトへの変転 | トップページ | スイス気象メディア社(Meteomedia AG)による放射性物質拡散予想--惨めな日本人(二) »

ドイツ気象庁による拡散予想停止ーー惨めな日本人(一)

 20110803 ドイツ気象庁による拡散予想ーー惨めな日本人

ドイツ気象庁は、7月下旬に東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能雲の拡散予想をそのホウムペイジ一面から削除した。現在、日本気象庁を初め、政府機関による拡散予想は管見にふれるかぎりない。東京電力株式会社福島第一原子力発電所は現在小康状態を保っているが、もしそれが重大な事故を引き起こした場合、我々日本人は避難手段を欠くことになる。風上に逃げrことになるかもしれない。馬鹿げたことである。

 日本政府は拡散予想手段を有しているにもかかわらず、それを国民に提供していない。一部の政府関係者、及び政府が重要とみなした人間にしか提供していない。我々市民は、どのようにして避難、あるいは放射能からの逃亡を企図できるのであろうか。

 本来であれば、日本気象庁がすべき情報開示を、ドイツ気象庁に依存してきた。情けないやら恥ずかしいやら。惨めな日本人しか存在しない。自国政府から見捨てられた国民は、朝鮮民主主義共和国の国民を笑うことはできない。あの国の国民から笑われている惨めな日本人しかいない。

|

« 政治的セクトから政党への絶望的願望ーーその宗教的セクトへの変転 | トップページ | スイス気象メディア社(Meteomedia AG)による放射性物質拡散予想--惨めな日本人(二) »

馬鹿役人」カテゴリの記事