« ホッブス、ロックの思想と、東京電力 | トップページ | 放射能との共生 »

高濃度放射性雲に関する唯一の拡散予想ーードイツ気象庁

 ドイツ気象庁が2011年7月1日現在、東京電力株式会社福島第一原子力発電所からの高度放射能雲に関する唯一の拡散予想をしている。日本の気象庁も実施しているのかもしれないが、気象の専門知識のない市民にとって、ほとんど解読不能である。DWD(ドイツ気象庁)からの情報によってのみ、専門知識のない市民が唯一、簡単に拡散予想ができる。感謝する。その他の外国の機関はほとんど予想を中断している。本ブログではほぼ毎日この記事を参照しているので、常にトップに置くようにしている。

1. DWD(ドイツ気象庁)

http://www.dwd.de/ 

250メートルの高さにおける東京電力福島第一原子力発電所から拡散予想を実施している。その濃度は、その日毎における原発事故による放出された放射性物質の量に依存している。毎日検索している唯一のサイトである。

|

« ホッブス、ロックの思想と、東京電力 | トップページ | 放射能との共生 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事