« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

政治的セクトから政党への絶望的願望ーーその宗教的セクトへの変転

20110721 政治的セクトから政党への絶望的願望ーーその宗教的セクトへの変転

 イエス・キリストは、生まれながらにしてキリスト教徒であったのであろうか。彼はユダヤ教徒の分派であった。少なくとも、同時代人にはそのように映現していた。もちろん、彼は徐々にユダヤ教主流派から分離して、最終的には刑死した。ユダヤ教徒からすれば、異端の宗祖が死ぬことによって異端は壊滅されたように思われた。

 歴史的にはこのユダヤ教異端は独自性を強化して、世界宗教になった。現在では、広義のキリスト教徒はユダヤ教徒が足元にも及ばないような世界最大の勢力を誇っている。イエス・キリストは、異端つまり宗教的セクトの教祖から、世界最大の宗教の教祖に変貌した。

 このような事例から、宗教的セクトは最終的に正統派をも凌駕するという命題を導出することは可能であろうか。このような事例はごく稀であり、多くの宗教的セクトはセクトのままで終わり、歴史の闇のなかで葬り去られた。キリスト教の歴史だけを考察しても多くの宗教的セクトが排除された歴史である。宗教的セクトだけを取り出しても、それだけでキリスト教史が執筆できるであろう。

 現代日本では、セクトという用語は、宗教的用語ではなく、政治的用語として使用されている。それは少数の政治集団として理解されている。この少数派が多数派として、成立する可能性はあるのであろうか。マルクス主義を冠する多くの政治的セクトが、将来国会議員の多数派を形成する機会はあるのであろうか。多くの政治的セクトは自身の正当性を主張している。将来、その正義は実現されるのであろうか。その可能性は絶望的な確率でしかない。しかし、多くの政治的セクト構成員は、自らの生活、否自らの人生を賭けて、政治的活動を実施している。将来彼らによって主張される正義が、実現される日々を待ちながら。

 

 この将来への希望は、神の国の実現を期待しているキリスト教徒の希望に相似している。再び、政治的セクトは宗教的セクトへと変貌する。神の国の実現は、マルクス主義の実現と同様に現世ではほぼ不可能であろう。政治と宗教の一体性が顕れている。

|

討論会ーー近代と前近代を区分する概念

近代と前近代を区分する概念とは何か。この問題に対する解答は多様である。重層的支配形式から一元的支配形式の転換、身分制社会から自由社会への転換等が容易に想像される。この問題に対する討論会を実施する。1500字から2000字程度でお願いする。

7月28日 討論会を終了しました。ありがとうございます。

|

放射性物質を含有した水道水摂取の防止のための提言

20110711

放射性物質を含有した水道水摂取の防止のための提言

放射性物質を含有した水道水を摂取したことで、体内被曝する可能性が懸念されている。浄水場から放射性物質、セシウム137等が検出されたというニュースが3月下旬に千葉等で発表された。この情報に基づき、東京、関東地方から2L入りの水が、スーパーマーケットの売り場から消え去った。今後もこのようなことが生じる可能はかなり高い。東京電力株式会社福島第一原子力発電所だけではなく、多くの原発が存在しているからだ。

ここでは、水道水からの放射性物質摂取を如何に防止するのかということについて考察してみたい。放射能に汚染された水は、どのようにして浄水場から実際の家庭の浄水口に至るのであろうか。それは個々の浄水場で異なり、浄水場から距離に応じて異なっている。

非都道府県庁所在地における放射性物質を含有した水道水に関して考察してみよう。非都道府県庁所在地は、都道府県庁所在地とは異なり、ほとんど放射性物質に関する検査をしていない。このような地方都市において、放射性物質を含有した水道水摂取を防止する手段はないのであろうか。否。厳密には不可能であるが、推定は可能である。以下ではその推定手段を考察する。

1、    放射性物質の飛散状況を推定する。この作業は、日本気象庁発表の風向き予想から可能ではあるが、専門知識のない市民には困難である。東京電力株式会社福島第一原子力発電所からの風向きによる高濃度汚染雲の飛散予想は、ドイツ気象庁の推定が現在では一番便利である。

2、    この推定に基づき、雨が降った時間を記録する。その地方における降雨は感覚的に確認可能である。雨が降らなければ、放射性物質の降下はそれほど心配する必要はない。

3、    通常、浄水場は河川から水を取得する。浄水場では15-20時間をかけて浄水される。この時間は各浄水場によって異なっている。

4、    浄水場から配水された水はすぐに家庭に届くわけではない。場所によって異なる。この時間はすべてコンピューター化されている。なぜなら、塩素注入の関係によって確定する必要がある。水道局に問い合わせれば、かなり高い精度、たとえば22-24時間という数字が示される。もちろん、浄水場から近い地域は数時間で到着する。また、曜日、時間帯等によって水道水使用量が異なるため若干の誤差は考慮されるべきである。

5、    この数字から推定されることは、場所によっては37-44時間、つまり一日半から2日にかけて降雨時間から上水口までかかる。

6、    この時間を考慮して、放射性物質を含有した水道水摂取を防止することが可能になる。取水から蛇口までの時間は、各人が情報を集積することによって推定可能である。

7、    これらの推定は、専門家によるものではなく、市民の常識に依存している。しかし、この常識に基づいてペットボトルから水を摂取すべきである。しかし、富裕な市民は毎日、ペットボトル水を飲んでいるかもしれない。各家庭で摂取する水は4人家族であれば、10L程度であろう。2L 400円程度の水、つまり毎日2,000円程度、月額60,000円程度、飲料水に金をかけることができる市民は、このようなことをする必要がない。

|

放射能との共生

20110710 放射能との共生

 共生という概念は、1950年代北欧において発達した概念である。それは、健常者と障害者とりわけ知的障害者との共生を意味していた。この概念に基づいた福祉政策は、それまでの両者の隔離から通常の町における共存を目的にしていた。それまで、障害者、とりわけ知的障害者は、町から離れた地域の福祉施設に入所することが正義であった。しかし、1950年、60年代以降、障害者が通常の家庭生活のなで、健常者と一緒に生活することが、少なくとも、北欧、そして欧州において普遍化していった。それが障害者にとって不幸であったか、幸福であったかは議論のあるところである。

さらに、後期近代においてこの概念は知的障害者だけではなく、高度福祉国家における福祉の受益者一般として使用されることになる。在宅福祉という思想が一般した。現在では、男女の共生という概念にまで拡大され、その社会福祉としての意義はほとんど喪失している。

しかし、東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故以来、この概念は社会福祉という概念から、そして男女の共生という一般的概念から異なる意味で使用されねばならない。放射性物質との共生である。日本列島に居住するかぎり、放射能から完全に免れた生活をおくることは、不可能である。可能なかぎり、放射性物質を摂取しないということを意識することができるだけである。欧州共同体が検査済証明書を要求する福島県、茨城県等の生産物を何らかの形で摂取しないことは不可能である。

セシウム137、ストロンチウム90等の半減期は、我々の生命的限度を超えている。それらと共生することを強制されている。男女の共生であれば、誰も否定しないことど同様に、放射性物質との共生も日本列島では誰も否定できない。

|

高濃度放射性雲に関する唯一の拡散予想ーードイツ気象庁

 ドイツ気象庁が2011年7月1日現在、東京電力株式会社福島第一原子力発電所からの高度放射能雲に関する唯一の拡散予想をしている。日本の気象庁も実施しているのかもしれないが、気象の専門知識のない市民にとって、ほとんど解読不能である。DWD(ドイツ気象庁)からの情報によってのみ、専門知識のない市民が唯一、簡単に拡散予想ができる。感謝する。その他の外国の機関はほとんど予想を中断している。本ブログではほぼ毎日この記事を参照しているので、常にトップに置くようにしている。

1. DWD(ドイツ気象庁)

http://www.dwd.de/ 

250メートルの高さにおける東京電力福島第一原子力発電所から拡散予想を実施している。その濃度は、その日毎における原発事故による放出された放射性物質の量に依存している。毎日検索している唯一のサイトである。

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »