« 非県庁所在地の10万、20万都市でも水道水放射能汚染検査の実施を! | トップページ | ドイツ、フランス、オーストリア、イギリス、ノルウエーの気象庁等からの福島原発に関する放射性物質拡散予想 »

放射能汚染水の摂取回避への提言――浄水場から家庭への配水時間の周知化

20110530 放射能汚染水の摂取回避への提言――浄水場から家庭への配水時間の周知化

現在、東京電力福島第一原子力発電所事故から放出された放射性物質は、3月下旬と比較すれば、小康状態を保っている。少なくとも、半径300キロメートル外においては、即時退避の必要性は減少している。現在の課題の一つは、内部被曝の回避条件を改善することである。その一つが、水道水の水質検査である。以下の提言は、そのためのものである。

水質検査が実施されるべき浄水場から、市内各所への配水は時間的にかなり異なっている。たとえば浄水場から旧市街には、配水場を経て配水されている場合も多い。浄水場から市内各町への配水時間が公開されるべきである。この情報提供によって、市民は安心して上水道から取水できるであろう。

また、ダムからの取水時間と配水時間も重要である。放射能汚染された時から、どれだけの時間経過後に現実に配水されるのかが周知されれば、その対策をとることも可能になる。重要なことは、検査する場所の明確化と、そこから現実の家庭蛇口への配水時間である。すでに、市役所は排水管、パイプライン等に関する情報を把握しているはずである。この作業は容易であろう。

さらに、平日と休日では配水時間に差異がある。平日には、官庁、事務所、工場等が稼働しており、休日には稼働していない。配水時間に著しい差異が認められる。しかし、平均的平日と平均的休日における配水時間をモデル化することも可能であろう。

もちろん、この政策実施のためには、予算措置が必要とされている。たんなる機械装置と備品だけではなく、それを操作する人的資源が獲得されねばならない。しかし、この政策によって、市民の健康保持がよりよくなることが予想されている。

|

« 非県庁所在地の10万、20万都市でも水道水放射能汚染検査の実施を! | トップページ | ドイツ、フランス、オーストリア、イギリス、ノルウエーの気象庁等からの福島原発に関する放射性物質拡散予想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事