« 討論会ーー路面電車に関する討論会 | トップページ | 馬鹿役人の責任ーー悠々自適な年金生活 »

公共交通に関するメモランダム

 討論会に参加していただき感謝する。とりわけ、以下のことは、興味深い。

1、ドレスデンにおける貨車専門の路面電車車両の存在は、興味深い。VWの工場への物資移送の目的で作成された路面電車である。コンテナに対応している。

2、ヘルシンキにおける路面電車の特色は、、終点を行き止まりにすることなく、ループ化することによって、路面電車車両における運転台を一つにしていることであろう。電車内のスペイスを拡大することによって、乳母車、身体障害者用の福祉道具置き場にすることができる。また、単純に乗車可能人数を拡大することも可能になる。また、運転手が移動することもなく、輸送時間も減少させることもできる。

 また、運転台を一個にすることによって、電車の購入コスト、維持コストも減少させることができよう。

3、昭和30年代における公安委員会の決定、路面電車路線内への車両通行許可に関する指摘もあった。おそらく、線路内における自家用車通行許可によって、交通渋滞を緩和するという目的で導入されたのであろう。馬鹿役人の考えそうなことである。それ自体もっともそうな理由をつけて、より大きな害悪をもたらす。これによって、路面者の定時性は破壊され、その廃棄につながった。その責任を取るべき役人は、すでに退職しているか、鬼籍に入っている。知らぬ存ぜぬである。悠々自適の毎日であろう。慶賀申し上げるだけである。

|

« 討論会ーー路面電車に関する討論会 | トップページ | 馬鹿役人の責任ーー悠々自適な年金生活 »

討論」カテゴリの記事