« 記者クラブ制度の問題点 | トップページ | 個性、あるいはこだわり、そして頑固 »

鳩山総理と軍事

 後期近代において軍隊、自衛隊を「穀つぶし」、つまり無駄飯食らいと非難する論客は減少してきた。その意味で、安全保障の問題が冷静に議論されることになった。このことによって、日本は通常の近代国家、つまり普通の国になった。

 しかし、軍隊の本質は、人間の生命、財産を破壊することにその本質があるが、この本質的議論は、今回の鳩山総理の辞任劇から排除されたままである。国家がそのような行為をすることを正当化される根拠については、議論の対象外とされたままである。

|

« 記者クラブ制度の問題点 | トップページ | 個性、あるいはこだわり、そして頑固 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事