« 煙草と美ーーその人類史的意味づけ | トップページ | 地方自治における官僚制(あるいはNPO)の問題 »

刑事裁判ーー公職選挙法

 公職選挙法において、運動員を直接雇用することは、選挙期間中であれば、買収にあたる。多くの運動員は、その主観上買収ではなく、運動の対価を得ているという認識しかない。しかし、法理論上は買収に応じたことになる。もちろん、無報酬で働く若者も多い。しかし、ウグイス嬢も含め、無報酬で応じる場合はすくない。

 なお、本記事に対するコメントは受け付けません。

|

« 煙草と美ーーその人類史的意味づけ | トップページ | 地方自治における官僚制(あるいはNPO)の問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事