« 大学教員は「象牙の塔」へ帰れ? | トップページ | 可能性の限界内における可能性ーー大麻に唯一の可能性を見出す馬鹿 »

枝葉末節に拘る馬鹿ーー麻生総理の漢字能力と政治能力は無関係

 このごろ枝葉末節の事柄が本質である、とみなす人が多くなっている。事務労働者の世界でも、「フォントの大きさ、罫線の太さが違う」と批判して、得意になっている人が多くなっている。現に義務教育の教育労働者の世界では、「字の大きさやフォントなどを何度も書き直させる」(「先生、生徒指導は今」『毎日新聞』2009年1月28日、第2面)ことが一般化しているようだ。逆に言えば、このような事務処理能力に長けた人間が、良い教員、能力の高い公務員とされるのであろう。このような能力は、以前には村役場の庶務掛長にのみ必要とされる能力であり、高級官僚、大学教員、況や政治家に求める能力とは異質であった。

 このような転倒が一般的になり、本質的議論は等閑視されている。議論が単純化され、矮小化されればされるほど、本質は失われてゆくであろう。確かにそのような指摘は正しい。しかし、フォントが統一され、誤字脱字のないことは、それが本質的に正しいか、どうかということと全く無関係であろう。漢字が読めなくても、読めてもどうでもよい。フォントが少しヘンでも、内容が理解できればそれでよいのではないか。

 このごろ麻生総理の漢字能力に対する批判が、その政治的能力と同一視されるという馬鹿げた議論が横行している。彼の政治能力と文章能力とは別のものであろう。もし、批判すべきであれば、その政治思想であり、漢字能力ではないであろう。

|

« 大学教員は「象牙の塔」へ帰れ? | トップページ | 可能性の限界内における可能性ーー大麻に唯一の可能性を見出す馬鹿 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事