« 煙草の効用ーーまあ、一服と殺人の抑止力 | トップページ | 貧乏人は煙草を吸うなーーー煙草増税推進者の馬鹿 »

異邦人ーー煙草による自己疎外の回復

 誰でも、自分はここにいるべきではないと感じることがある。それは、どのような華やかな場であれ、どのような熱狂に包まれようとも感じることがある。その時、一本の煙草に火をつける時、いつもの自己がまだ生きていると感じられることがある。

 外国に初めて行った時のことである。もちろん、知人も友人もいない。医療システムに対する情報もない。自分が属する組織もまだみえない。すべての世界が自分にとって疎遠であると感じられるときは誰にでもあるはずだ。

 その時、一本の煙草に火をつける。日本から持参したハイライトである。その一本の煙草に火をつけて一服したときだけ、まだ生きているという実感が生まれた。ここで死ぬわけにはいかないからだ。

 そのときの一本の煙草が私に与えてくれた恩義に対して、どのように報いることができるのか、まだ思案中である。

 そしてそのような一本の煙草を吸う場所がないことが、人間性を破壊しているのであろう。破壊された場所、破壊された人間性の回復の可能性は限りなく小さい。

|

« 煙草の効用ーーまあ、一服と殺人の抑止力 | トップページ | 貧乏人は煙草を吸うなーーー煙草増税推進者の馬鹿 »

喫煙権」カテゴリの記事