« 討論会への問い合わせ | トップページ | 煙草一箱1,000円?ーー馬鹿が馬鹿丸出しでやってくる »

大学における禁煙と大麻ーー馬鹿がミクロ的合理性でやってくる

 大学が綺麗になったと評判である。東京の主要大学からは、立て看板がほぼ撤去されている。そして、多くの大学内建物から煙草の灰皿が撤去された。多くの喫煙者は喫煙室という限定された空間においてか、あるいは雨風をきにしつつ屋外で煙草を吸うことを余儀なくされている。

 しかし、大学が綺麗になればなるほど、人間の精神も綺麗になるのであろうか。人間そのものが清潔になるのであろうか。かつての大学内において喫煙は講義室でも自由であった。ある刑法学の最高権威の一人は、講義中も喫煙していた。もちろん、流石にこの教授あるいは助教授は灰皿を持参していただろうが・・・。

 ここで講義中の喫煙を主張しているのではない。受動喫煙は非喫煙者にとって喜ばしい状況ではないからだ。しかし、喫煙者は白眼視され、惨めな状況下で喫煙を許されているにすぎない。このような精神的不自由のなかで、喫煙という小さな逸脱を抑圧していることによって、大学は綺麗になった。しかし、このような小さな逸脱を排除することによって、大学はより巨大な悪を招き入れてしまった。大麻汚染である。小さな逸脱を許すまじ、というPTA的正義が幅をきかすことによってより巨大な悪を産出した。

 ミクロ的に見れば、煙草は多少健康に悪いことになるのであろう。それ自体を否定しているのではない。しかし、人間存在は逸脱を許容している。少なくともそれを意思することによってより巨大な悪から逃れる術を知っていた。少なくとも、煙草の吸殻の落ちていたキャンパスには、大麻はなかった。煙草に満足できなければ、葉巻を吸っていた。しかし、より匂いのキツイ葉巻を吸う環境は少なくとも綺麗な大学からは消えている。煙草から大麻である。あるいは非喫煙から大麻である。段階を踏まえておれば、そのような馬鹿げた飛躍は起きなかったであろう。マクロ的に考察すれば、馬鹿がミクロ的合理性を背負ってやってきたのである。

|

« 討論会への問い合わせ | トップページ | 煙草一箱1,000円?ーー馬鹿が馬鹿丸出しでやってくる »

喫煙権」カテゴリの記事