« 近代における初期近代と後期近代の時代区分 | トップページ | 討論会ーー世界観 »

共生ーー喫煙者と非喫煙者

 個人の恣意的自由は他者の自由を侵害しないかぎり、承認されるべきであるという思想がある。少数者の権利は多数者によって侵害されてはならない。社会を多数派の思考様式によって一元化してはならない。「清潔」な社会は、人間抑圧的である。しかし、近代社会はある原理によって社会を一元化しようとする。学問もまたそうである。市場原理によって社会を一元化しようする。共生という概念は知的障害者と健常者との共生として1950、60年代北欧で広まり、米国を経由して日本に輸入された。しかし、現実において共生はほとんど不可能になりつつある。嫌煙権運動は喫煙者と非喫煙者との共生をなぜ指向しないのであろうか。

|

« 近代における初期近代と後期近代の時代区分 | トップページ | 討論会ーー世界観 »

喫煙権」カテゴリの記事