« JTの馬鹿ーー少数者の権利破壊ーーJ煙草銘柄の廃止 | トップページ | タスポの馬鹿――JTも馬鹿 »

JTの馬鹿ーー競争原理はない

 JTの馬鹿について昨日も書いた。今日も書く。だんだん、怒りが増幅してきた。専売公社を民営化する際、競争原理が働くという呆けた言説があった。しかし、JRにしろ、JTにしろ、競争原理は働かない。JRにしろ、競合する私鉄があるのは、ごく一部である。鉄道に限定すれば、ほぼ独占している地域はかなりある。

 また、JTに関しても、国産たばこ会社が多数現れて、煙草の値段が値下がりしたのであろうか。また、政府運上金が増大され、国庫が豊かになったのであろうか。煙草の銘柄は減少して、「セブンスター」、「マイルドセブン」眷属のみが栄え、多くの特殊なーーしかし、絶対的な愛好者を誇っていた煙草が廃止された。少数の嗜好は、生産性の向上の犠牲になった。

 せめても救いは、JT子会社は毒入り餃子を販売したが、JTはまだ毒入り煙草を販売していないことであるが・・・。

 税金の関係で個人輸入の全面的自由化は、煙草の場合不可能であろう。しかし、考慮される時期にきているのかもしれない。

|

« JTの馬鹿ーー少数者の権利破壊ーーJ煙草銘柄の廃止 | トップページ | タスポの馬鹿――JTも馬鹿 »

喫煙権」カテゴリの記事