« 企画部と全体知 | トップページ | 裁判員と後期近代 »

福祉の充実と社会的負の副作用

 福祉の充実が叫ばれている。しかし、福祉の充実はその負の副作用を持っている。たとえば、生活保護費の削減が叫ばれてる。しかし、生活保護費が最低賃金よりも豊かである場合、労働意欲の減退につながるであろう。仮に、生活保護費が月30万円を越えれば、労働者の負担は大きくなるであろう。この点に関するコメントを募集する。募集する日時はのちに記述するが、1月中旬を考えている。

|

« 企画部と全体知 | トップページ | 裁判員と後期近代 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事