« 後期近代と憲法改正(その一)、国民投票法 | トップページ | 後期近代と憲法改正(その三)、時代の転換 »

後期近代と憲法改正(その二)、9条改正

その極地は9条関連の現実にある。「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。第二項、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」、という弟9条の規定は、自衛隊という(憲法上は戦力ではない)戦力という存在に対して、明白に矛盾している。自衛隊が戦力であることは、ほとんどの国民、国際社会において社会的に承認されている。戦車、爆撃機は人間、財産等の破壊を目的にしている。機関銃が人間を殺害するための兵器であることは、疑う余地すらない。まかり間違っても、機関銃が人間の健康を促進するための機械になることはない。

社会的現実態と憲法的理想が矛盾している。憲法的秩序は下位規範の法的秩序(たとえば自衛隊法)と矛盾している。自衛隊という社会的に承認された現実態は、違憲ではあるが、合法的存在である。この矛盾を揚棄する方策は以下の二つしかない。一つは、憲法的理想に従って、社会的現実態を変革することである。他の一つは、後者に従って、前者を変革することである。現在問題になっている憲法改正の主眼は、社会的現実態に従って、憲法を改正することにある。

|

« 後期近代と憲法改正(その一)、国民投票法 | トップページ | 後期近代と憲法改正(その三)、時代の転換 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事