« 憲法改正 サンデープロジェクト 討論? | トップページ | 少子化に関する討論会 »

サンデープロジェクト 憲法改正 時代認識

 憲法改正が議論されている。とりわけ、第9条の集団自衛権に関する議論が中心である。その際、強調されたことは、1989年のベルリン革命以後、世界史の段階が「冷戦構造」から別の段階へのと移行したことである。

 あるいは、2001年9月11日以降、世界史の段階が別の段階へと移行したという意見もある。はたして、1989年や2000年は世界史の段階が別の段階へと移行したのであろうか。何か重大事件が起きると、時代が変わると大袈裟に触れ回る輩は多い。特に、往年の左翼がそうであった。世界経済の小さな兆候を捕らえて、「革命のときは近い」と触回っていた。特に近年の憲法改正論者の多くが、世界史の新段階を強調している。彼らの多くが忌み嫌うかつての左翼と同じ構造が見える。近代が終了して、ポスト・モデルネに移行した? 果たしてそうであろうか。

 あるいは、別の時代認識があるのであろうか。数年の内に、もう一度再検証されるべきであろう。もっと簡単なことかもしれない。それは、論文にて発表すべき事柄かもしれない、と考えている。

|

« 憲法改正 サンデープロジェクト 討論? | トップページ | 少子化に関する討論会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事