« 人間の生産ーー管直人の擁護 | トップページ | 落城寸前の御前会議における漢字変換ミスの指摘 »

子供の生産ーー言葉狩り、あるいは言葉尻

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070208ia21.htm

 読売新聞によれば、公明党は民主党管氏の「子供の生産性」を非難する言葉狩りをしている。先に、自民党幹事長も言葉狩りをするな、と言う言説を吐いたにもかかわらず、現実には言葉狩りをしている。ここでの、与党の不一致に言及することはしない。与党が一方では、言葉狩りをするなと言い、他方で言葉狩りをするというパッチポンプは常套手段であるからだ。

 言葉の意味を知らずに、さも問題であるかのような言説でもって他者を非難していることが滑稽である。生産は単なる物質的生産だけではなく、生命の生産=産出を意味している。このコンテキストにおいて使用することは問題ない。にもかかわず、この発言をした管氏を不適切な発言として非難している。管氏もはっきりいうべきだ。「子供の生産」は尊い行為であると。

 もっとも、言葉狩りを仕掛けたのは、野党であるが・・・。何が問題であるのか、差別であろうか。差別用語狩りも1970年代から流行している。その影響かもしれない。つまらない言葉尻を捕らえて、非難する輩の品性のなさばかりが目立つ。はっきり言って、品がない。

|

« 人間の生産ーー管直人の擁護 | トップページ | 落城寸前の御前会議における漢字変換ミスの指摘 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事