« 討論会の成果ーー企画部長と全体的真理 | トップページ | 教育基本法改正ーー馬鹿が一元的思考でやって来る »

改革、また改革、またまた改革、そして先祖帰り

 現在、改革ばやりである。政治改革から始まり、経済改革、大学改革、地方自治改革結構なことのようである。しかし、改革の名のもとで、別の思惑が見え隠れしている。政治改革の名の下で「小選挙区制」が導入された。それは、民意の反映のためにではなく、民意の集約のためであった。結果、保守二大政党が結成された。政権交代の名の下で、自民党と似た政党が結成された。基本政策にはほとんど差異が感じられないし、民主党には自民党から出馬したほうがよいと思われる人をたくさん抱え込んでいる。

 このように、改革は別の要素が入り込んでくる。その別の要素とは何か、が問われている。

|

« 討論会の成果ーー企画部長と全体的真理 | トップページ | 教育基本法改正ーー馬鹿が一元的思考でやって来る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事