« 政策概念ーー馬鹿が対策でやって来る | トップページ | 教育の放棄ーー馬鹿が禁煙でやって来る »

政策概念と現実の政策立案者ーー馬鹿が箱物行政でやって来る

このように政策という概念は、現時点から考察すれば万人には理解困難である。しかし、その政策の必要性がある課題は、数多い。交通政策、環境政策等においてその実現のためには数十年の月日を要する事柄は数多い。たとえば、新幹線網あるいは巨大ダム等を建設するためには、数十年の歳月を要するからだ。その政策立案を決定するためには、幅広い知識と認識が要求される。しかし、現実の政策立案者は必ずしも、このような観点からある事柄を構想していない場合も多い。

その視野は短期的ですらある。たとえば、自治体首長は常に数年後には確実にある次の選挙を意識している。そこでは、十年先の政策よりも、住民に可視的な対策を施すことが重要になる。箱物行政が跋扈する理由もそこにある。10数年先の抽象的な政策よりも、現前の問題を即座に解決する対策のほうが住民に理解されやすい。住民は大衆的存在であり、理性的存在ではないからだ。ここにおいて、問題は大衆民主主義における大衆の存在様式という問題と関与する。

|

« 政策概念ーー馬鹿が対策でやって来る | トップページ | 教育の放棄ーー馬鹿が禁煙でやって来る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事