« 教員は教員らしくーーー社会的役割の転換不能性 | トップページ | いしいひさいち戦争論と政治学ーー市民社会の理念 »

いしいひさいち戦争論と政治学ーー命令組織

 Photo_2 いしいひさいち『鏡の国の戦争』潮出版、1985年、76-77頁。

   (C)いしいひさいち(2006.9.15)

 軍事組織における文民統制という問題が欠けているという批判を受けた。どのような官僚組織であれ、その命令機構に対する制御装置はある。労働組合であれば、命令の人間性、あるいは法治性を制御するための機能を備えている。

 しかし、どのような命令組織であれ、その本質は命令性にある。ここで、軍隊における命令性について述べてみよう。文民統制がある軍事組織とない組織を比較してみよう。文民統制ということは、その組織の最高司令官が文民であることでしかない。そのピラミッド組織の頂点に文民がいることでしかない。日本の自衛隊を例にとれば、最高司令官が内閣総理大臣であることを意味している。この司令官は国会議員であり、選挙という洗礼を受けている。しかし、この組織成員にとって、その命令が絶対であり、その命令に従うことが組織的な理性を表現している。もし、彼が文民でなくとも同じことである。軍隊組織は上官の命令に従うことが義務になる。多数意見など、問題ではない。それが上官の命令であるという単純な事実しかない。この意味で軍人にとって、文民統制があるかないかなど、ほとんど問題ではない。最高司令官の命令に従うだけである。これが、軍事組織に代表される官僚組織の本質である。

 いしいひさいちはこの本質をこの漫画において見事に描き出している。

 

|

« 教員は教員らしくーーー社会的役割の転換不能性 | トップページ | いしいひさいち戦争論と政治学ーー市民社会の理念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事