« いしいひさいち戦争論と政治学ーー平等原理 | トップページ | いしいひさいちと小林よしのりーー共同性の位相 »

いしいひさいち戦争論と政治学ーー小林よしのり『戦争論』との対比

 戦争論と言えば、クラウゼヴィッツの戦争論まで遡及しなければならないであろう。しかし、兵士の存在様式という観点からすれば、ここでは小林よしのり戦争論との対比において、いしいひさいち戦争論の本質を考察してみることにも意義があろう。小林よしのり戦争論における共同性は初期近代における村落共同性を前提にしている。兵士になることはこの村落共同体の義務であると同時に、権利でもある。兵士になることによって、この村落共同体の一員、あるいはその英雄となる(小林よしのり『戦争論』幻冬社、1998年、288頁)。このでの共同体は明白に初期近代における日本に限定されている。まさに、郷土がクニである。国家的共同性と村落共同性が二重化している。

 それに対して、いしいひさいちの戦争論において、平等主義的原理は近代一般の理念として導入されている。平等主義的原理において、英雄性とは無縁である。徴兵された兵士であろうと、職業軍人であろうと、志願して死地に向かうことはほとんどない。あくまでも、自分の生命の安全確保が第一義的である。そこには戦争における栄光はない。まさに、小林よしのり的英雄性から対極において戦争論が語られている。

 むろん、いしいひさいちと小林よしのりのどちらが優れているのかということに拘っているのではない。むしろ、両者ともに戦争の本質を捉えている。導入された共同性の時代的本質が異なっているからだ。しかし、いしいひさいち戦争論は、悲壮感がないだけ、娯楽としての漫画の本質に近いとも思える。

|

« いしいひさいち戦争論と政治学ーー平等原理 | トップページ | いしいひさいちと小林よしのりーー共同性の位相 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事