« ニート論Ⅳ: 60才のニート | トップページ | ニート論Ⅵ前編; 博打者としてのニート »

ニート論Ⅴ: 天職

Ⅴ ニートと天職

 ニートの多くは自己に対する誇りを持っている。彼らの多くは、自己にとっての適職、つまり天職を探求している。ここでは、この意義を思想史的観点から考察してみよう。

まず、ある職業は前以って理解できないことを彼らは理解していない。ある職業、より一般化すればある物を先験的に理解することは不可能であるにもかからず、その彼らの浅薄な知識に従って、ある職業を了解している。たとえば、経営者は創造的な職業であり、単純な労働はニートにとって適職ではない、と考えている。しかし、経営者にとって労働時間という範疇はないことは、彼らの視野に入ってこない。経営者の家では、苦情の電話が、深夜早朝にかかわらず鳴ることもあるし、金策に駈けづりまわり、睡眠の時間もないこともある。金策のため、最終的には自己の生命を犠牲にして、借金を支払うことが視野に入ることも稀ではない。このような経営者の心労は彼らの適職観には入ってこない。ある職業の外観しか、彼らの視野に入ってこない。

彼らは、その職業の外見しか判断基準にならない。彼らにとって創造的な職業である弁護士を例に取ろう。もちろん、弁護士になるためには、通常法学部に入学し、卒業後もいつ合格するとも確証のない時間のなかで、睡眠を犠牲にしても法律体系を学習しなければならない。5年後とも、あるいは30年後とも時間の限定のない浪人期間を経ている。筆者の同期生には、まだ受験勉強に勤しんでいる者の噂を聞くこともある。そのような過酷な時期を経た後、晴れて一人前の弁護士として働くことが社会的に許される。このような修行期間は彼らの視野に入らない。

 このような考察から明らかになったように、ニーとは職業をその外観からしか考察しない。もちろん、このことはすべての人間にあてはまることである。事柄を理解する場合、その本質は外から理解することができない。優雅そうな外観を呈している社長業も、接待と銀行廻りで体を壊している場合も多い。

|

« ニート論Ⅳ: 60才のニート | トップページ | ニート論Ⅵ前編; 博打者としてのニート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事