« 生まれつきか、生まれた後か、--観念の生成 | トップページ | 目端が利くこと? »

二元論は克服すべきであろうか。

 

かつてある書物において、「二元論的世界が構成されることになる。・・・はこの二元論を克服しよとする」と、書いた。このように執筆するとき、二元論的世界像は、克服すべき対象である。二元論は統合されねばならいという思想的弱点として構想されている。たとえば、マルクスのヘーゲル国法論批判にもそのような一節がある。市民社会と政治的国家の二元論である。しかし、一般的に言えば、二元論は克服すべき対象であったのであろうか。もちろん、この問題の背後には、弁証法の問題、つまり対立物はより高次の次元において揚棄されねばならないという思想がある。

 また、日本思想史において、ホンネとタテマエという二元論がある(中根千枝参照)。この二元論もまた克服すべき対象であった。しかし、二元論自身は克服すべきであろうか。市民社会の原理と政治的国家の二元論は近代の特有の原理であるが、その二元論そのものを承認すれば、近代の揚棄の問題も解消する。この克服すべき二元論という問題も考え直すべきであろう。

|

« 生まれつきか、生まれた後か、--観念の生成 | トップページ | 目端が利くこと? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事