« 小学校と英語教育ーー米国による再植民地化 | トップページ | 高齢者教育学へのはしがき »

石原都知事と政治的感覚ーー彼が支持される理由

リンク: @nifty:NEWS@nifty:小学校の英語、ナンセンス=必修化を批判-石原都知事(時事通信).

 現在の小泉政権が採用している対米従属政策のなかで、保守層、保守的政治思想もまた対米従属派が幅を効かせている。そのなかで、石原都知事は対米協調を主としながらも、それとは異なるスタンスを取っている。文化的対米従属に対しては、断固とした姿勢を示しているからだ。これが、民衆の中の政治的不満をうまく吸収している。もちろん、彼の政治的本質は、自民党的な対米従属を基本としているが、文化面に限定すれば、反米とも取れる政策的スタンスを取っている。

 彼がなぜ民衆の支持を得るのかかが少し理解できた。彼の大学政策、とりわけ都立大学解体と首都大学創設に対して、批判すべき事柄はたくさんある。しかし、彼の独自の風貌とともに、彼が支持される背景がわかる。

|

« 小学校と英語教育ーー米国による再植民地化 | トップページ | 高齢者教育学へのはしがき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事