« 道路の鉄道線路への転用ーー法律的根拠 | トップページ | ふるさと銀河鉄道の廃止ーー存続か? »

鉄道と公共性ーーふるさと銀河線存廃問題

 鉄道は公共性を涵養してきた。少なくとも、そこでは他者に迷惑をかけるなという点は、乗車している人間全体に共有されていた。その範囲内において、自由を享受してきた。そこでは、野放図な恣意的自由ではなく、限定された自由が享受されていた。個体的自由がほぼ満喫できる自家用車とは、異なる種類の自由が享受されていた。

 しかし、近年、自家用車の普及とともに、鉄道の廃止が愁眉の課題になっている。ツクバエクスプレス等の新線の開業に沸く東京、大阪圏を除いて、地方に鉄道が新たに建設されることはない。むしろ、廃線が多くの地方で問題になっている。ふるさと銀河鉄道もその好例である。しかし、鉄道は公共性の涵養という教育学的観点からも、重要な役割をなお、占めている。

|

« 道路の鉄道線路への転用ーー法律的根拠 | トップページ | ふるさと銀河鉄道の廃止ーー存続か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事