« 画一化社会と禁煙の蔓延 | トップページ | 地域の破壊ーー過疎地の郵便局削減 »

政府と社会による少子化の促進

 現在少子化問題は、深刻な事態を迎えていると言われている。女が生涯に子供を生産する数は、1,2人にまで下落している。しかし、その少子化を嘲笑すうように、人工妊娠中絶という形で、子供の数を減らしている。とりわけ、憲法において16歳の女性が婚姻可能であるにもかかわらず、16歳の女性が子供を生産することは、社会的に承認されていない。むしろ、それは犯罪にすらなる。16歳の女性と合意の上であれ、淫らな行為をすることは、児童福祉法、青少年育成条例等の違反となる。もちろん、婚姻という行為は、この淫らに関係を前提にしているにもかかららず、淫らな行為をすることは、犯罪である。子供を生産するためには、淫らな行為を経過することが必然である。にもかかわらず、16歳での婚姻は、社会的、政治的観点からほぼ排除されている。

 子供の生産を抑制しながら、他方ではその生産量の減少=少子化を嘆いている。自分で自分の首を絞めている。法的意味での少子化の促進が行われている現状を変革しなければ、少子化という現象は必然であろう。もちろん、青少年による出産は、社会的に問題のある行為かもしれない。しかし、少子化の阻止という観点からは、有害である。

 

|

« 画一化社会と禁煙の蔓延 | トップページ | 地域の破壊ーー過疎地の郵便局削減 »

育児」カテゴリの記事