« 辞職するな、永田氏、辞職しろ、竹中氏 | トップページ | 努力しても報われないーー荒川静香 »

荒川静香と社会科学

 荒川静香が金メダルを獲得した。そして、彼女はここに至るまで涙ぐまし努力をしてきた。当然である。努力をしなければ、金メダルを獲得することは不可能である。しかし、彼女以上に努力した人間は、かなりいたはずである。また、彼女の栄光が努力だけに基づくのではない。運もある。たとえば、オリンピックと彼女の年齢が3年ほど、ずれていたらどうであろうか。3年後にもまた、金メダルを獲得できるであろうか。おそらく、この年が彼女の肉体と精神の最高の年であったことは、疑いえない。また、4年後、金メダルを獲得できるかと言えば、その可能性はかぎりなく小さいであろう。

 したがって、彼女の金メダルを彼女の努力だけに還元するのは、愚かである。逆に言えば、すべての人間が彼女と同等の努力をしても、金メダルを獲得することは、できないであろう。努力をするための環境が整っていたことは、看過されてはならない。夢を叶えるためには、努力は必要であるが、努力をしたからといって、夢を叶えることはできない。昔の諺に従えば、天地人に適わねばならない。その条件を社会科学は解明することは、できるのであろうか。政治学も哲学も不可能であろう。このごろ、この点に関しては、ほぼ絶望的な結論を抱いている。

 

|

« 辞職するな、永田氏、辞職しろ、竹中氏 | トップページ | 努力しても報われないーー荒川静香 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事