« 永田議員の辞職と竹中大臣の辞職 | トップページ | 荒川静香と社会科学 »

辞職するな、永田氏、辞職しろ、竹中氏

リンク: @nifty:NEWS@nifty:永田辞職意向、野田留任で「責任ドミノ」防ぐ(夕刊フジ).

 永田氏の辞職を求める声が、永田町、マス・メディア界では多い。しかし、国会質問で用いた資料に錯誤がある場合、それによって議員辞職していては国会質問は事実上、不可能である。また、ガセネタ、あるいは誤った情報によって答弁している国会議員は、竹中氏をはじめ、数多くいる。その議員の辞職を求めるほうが先決である。この案件によって確かに、武部氏親族は多大な迷惑を蒙っている。その賠償は必要であろう。しかし、郵政民営化によって、過疎地の郵便局が廃止されることはない、と答弁した竹中氏は辞職に値しないのであろうか。彼の虚偽の答弁によって、選挙結果もまた、おおきな差異が生じている。この責任は誰が負うのであろうか。

|

« 永田議員の辞職と竹中大臣の辞職 | トップページ | 荒川静香と社会科学 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事