« 自称エコロジストの倒錯、エコロジストは魚ではなく、肉をたべねばならない? 「築地魚河岸三代目」『ビックコミック』 | トップページ | 大学講義内容への介入、@nifty:NEWS@nifty:中国留学生にアカハラか香川大(共同通信) »

官から民へ、国民年金民営化

 先日の選挙において、「官から民へ」というスローガンのもとで、郵政民営化が支持された。とりわけ、郵貯、簡易保険を原資とした、各種特殊法人への資金垂れ流しが問題になった。しかし、この問題は、単に法律を変更するだけで問題なかったはずである。すなわち、特殊法人への資金垂れ流し、つまり財投債を購買することを禁止する法律を作れば、それで済んだ話である。にもかかわらず、あくまで郵政民営化に拘ったのは、国民年金の民営化を次の段階において提起する下準備であった可能性は、否定できない。特殊法人への資金垂れ流しの一方の柱が、年金基金であるからだ。この年金基金もまた、どのように使われているのかはっきりしない。円売りドル買いの資金になってもいるようである。

 いずれにしろ、郵政民営化は、亀井静香氏のような自民党の重鎮まで反対していた問題であり、それをあえて強行したのは、おそらく別の問題を隠蔽することを目的にしていたはずである。その別の目的とは何か、それは断言できない。しかし、年金民営化もその一つかもしれない。

|

« 自称エコロジストの倒錯、エコロジストは魚ではなく、肉をたべねばならない? 「築地魚河岸三代目」『ビックコミック』 | トップページ | 大学講義内容への介入、@nifty:NEWS@nifty:中国留学生にアカハラか香川大(共同通信) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事