« 民間人と靖国神社の英霊 | トップページ | 『ヒトラー~最期の12日間』日本の政治家と軍人 »

『ヒトラー~最期の12日間』靖国神社

http://www.hitler-movie.jp/index2.html この映画の公式ホウムペイジ ブログ形式です。

  戦争映画は、数々あれど、戦争の本質の一端を示した映画は少ない。おそらく、『ヒトラー ~最期の12日間~』は、その数少ない映画の一つであろう。その中で、興味深いことは、ヒットラーやその周囲の高官たち(そして、高官の子供たち)の死がそれなりに必然性を持って描かれていることと対照的に、多くの市民、下級兵士、市民防衛隊員は、あっけなく死んでゆくことである。何の必然性もなく、その死への心の準備もなく、死んでゆくことである。たとえば、水を汲むためにに戸外に出た瞬間、爆弾にあたって死ぬように。

  もし、戦争の本質が、このような一般市民の突然死であるとするならば、彼らの死は、犬死であろうか。この事例を現在問題になっている靖国神社参拝問題に当て嵌めるならば、このような一般市民の英霊は、英霊として奉られているのであろうか。この神社にA級戦犯が奉られるべきか否か、が議論されているが、このような問題は些少でしかない。本質は、偶然そこに居合わせていただけのために死んでいった市民の霊をどのように取り扱うべきかである。

現在の靖国神社に関する議論は、その点が大きく欠落している。

|

« 民間人と靖国神社の英霊 | トップページ | 『ヒトラー~最期の12日間』日本の政治家と軍人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事